悉皆屋康吉

講談社文芸文庫
シッカイヤコウキチ
悉皆屋康吉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

呉服についての便利屋であり、染色の仲介業者でもある「悉皆屋」の康吉は、職人としての良心に徹することで、自らを芸術家と恃むようになる。大衆の消費生活が拡大する大正モダニズム期には、華美で軽佻な嗜好を嫌い、ニ・ニ六事件の近づく昭和前期には、時代の黒い影を誰よりも逸早く捉える男でもあった。著者が戦時下に書き継ぎ、芸術的良心を守った昭和文学史上の金字塔と評される名作。

目次

  • 巻の壱
  • 巻の弐
  • 巻の参
  • 巻の四
  • 巻の五
  • 巻の六
  • 巻の七
  • 巻の八

製品情報

製品名 悉皆屋康吉
著者名 著:舟橋 聖一
発売日 2008年06月12日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-290016-4
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「舟橋聖一選集」第2巻(新潮社刊)1969年4月を底本とし、明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。底本にある表現で、今日からみれば不適切と思われる表現は、作品が書かれた時代背景、著者が故人であることなどを考慮し、底本のままとした。