影について

講談社文芸文庫
カゲニツイテ
著:司 修
  • 電子あり
影について
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

少年期の<原風景>から織りなされる珠玉の連作短篇。

空襲、焼け跡のバラック生活など、敗戦前後の厳しい状況、さらに複雑な家庭環境のなか、少年らしい健気さ、腕白さをもって過ごした前橋での日々。この少年期の<原風景>を基点に、映画館の看板書きの助手時代、画家への修業と上京、そして現在へと至る自伝的連作短篇。色、光、形、影など、画家としての本領を発揮した構成で、記憶のなかの小さな風景がドラマとして動き出し、飄逸な味わいを生む傑作集。

角田光代
たしかに私たちは、かなしんでいるときにその感情にかなしみという名をつけない。屈辱を感じているときに、踏みつけられたような胸の痛みを屈辱と名づけない。すべての言葉はあとづけなのだ。(中略)この一連の小説には、光を放つような「いのち」があり、思いを内含した「情景」があり、視点を軸にした膨大な時間の流れがある。――<「解説」より>

目次

  • 色について
  • その一・撃たれた日
  • その二・浮いた日
  • 光について
  • その一・蝉の息
  • その二・天の川
  • 形について
  • その一・銀杏
  • その二・香菜
  • 音について
  • その一・クジラ
  • その二・オタマジャクシ
  • 影について
  • その一・犬
  • その二・接吻
  • 白について
  • その一・マキ
  • その二・カヨ
  • 点について
  • その一・ババッ川
  • その二・あら川
  • 著者から読者へ

製品情報

製品名 影について
著者名 著:司 修
発売日 2008年01月12日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290000-3
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:新潮社刊『影について』’93年11月。

オンライン書店で見る