日露近代史 戦争と平和の百年

講談社現代新書
ニチロキンダイシセンソウトヘイワノヒャクネン
日露近代史 戦争と平和の百年
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

北の大国を知らずして、日本の近代は語れない!

幕末期以来、米英協調を基軸とする主流派に対し、ロシアに目を向ける一つの潮流があった。
ロシア皇室との信頼関係を樹立しようとした伊藤博文。
満洲経営のため、ロシア革命後のソ連との国交樹立に腐心する後藤新平。
満洲国建国後、孤立を深めるなか独ソとの提携に望みを託す松岡洋右……
彼らはなぜ、ロシアに接近していったのか?

来日中のロシア皇太子が襲撃された大津事件。
日露戦争と講和をめぐる、明治天皇、伊藤博文、小村寿太郎らのドラマ。
1918年から7年間の長きにわたる、シベリア出兵。
1939年のノモンハンを頂点とする、満洲での国境紛争の数々。
そして、1945年、ソ連への和平仲介の依頼と、ソ連参戦の衝撃。

幕末から敗戦までのロシアとの「戦争と平和」の歴史を辿る、日露関係史の決定版!

製品情報

製品名 日露近代史 戦争と平和の百年
著者名 著:麻田 雅文
発売日 2018年04月19日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-288476-1
判型 新書
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:麻田 雅文(アサダ マサフミ)

一九八〇年、東京都生まれ。二〇〇三年、学習院大学文学部史学科卒業。二〇一〇年、北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。博士(学術)。 現在、岩手大学人文社会科学部准教授。専攻は近現代の日露中関係史。著書に『中東鉄道経営史――ロシアと「満洲」1896-1935』(名古屋大学出版会)、『満蒙――日露中の「最前線」』(講談社選書メチエ)、『シベリア出兵――近代日本の忘れられた戦争』(中公新書)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス