努力は天才に勝る!

講談社現代新書
ドリョクハテンサイニマサル
  • 電子あり
努力は天才に勝る!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ボクシング最年少世界2冠達成はいかになされたか。優れたコミュニケーターである著者が、いかにして2人の息子をチャンピオンに育て上げたのか、日々のトレーニング法からコミュニケーション術に至る秘訣をすべて披露。ユニークな子育て論、親子関係の参考書として、世の親御さんたちにぜひとも読んで頂きたい1冊。


名王者ナルバエスから、驚異の左フックカウンターでダウンを奪った時、評論家も観客も「あれは天性のタイミング、練習して身につくものではない」とこぞって称えました。ところがトレーナーである著者は、「あれは練習で身につけたもの」といいます。「できるまでやる、何度でも何度でも」。その繰り返しの精華が、あの素晴らしいパンチだったのです。
ボクシングで最も大事なのは「打たせないで打つ」こと。この基本をいかにして身につけさせるか。どの分野でもそうですが、基本の大事さは変わりません。しかし、それを実行するのがむずかしいのも、どの分野にあっても同じこと。著者はさまざまなユニークなトレーニングを考案し、子どもたちを「楽しく、かつしんどく」鍛え上げて行きます。子どもは親とは別人格、決して無理強いはしませんし、汚い言葉で叱責することもありません。仮に試合に負けたとしても、練習にベストを尽くした結果であれば、その結果としての敗戦を親子で受け入れ、新たな課題克服へと再びチャレンジするのです。
本書は優れたコミュニケーターである著者が、いかにして2人の息子をチャンピオンに育て上げたのか、その秘密を余すところなく語るものです。ボクシングファンだけではなく、ユニークな子育て論、親子関係の参考書として、世の親御さんたちにぜひとも読んで頂きたい1冊です。

目次

  • はじめに
  • 第1章 決戦前夜
  • 第2章 生活のなかに自然とボクシングが組み込まれている
  • 第3章 基礎が大事。近道はない
  • 第4章 ベストを尽くせるように環境を整えるのが親の役割
  • 第5章 どんな挑戦も受けて立つ。わくわくする相手とやりたい
  • 井上尚弥、拓真兄弟対談(ときどきお父さん)
  • 目の前のことにただただ必死になっていた──井上美穂
  • あとがき

製品情報

製品名 努力は天才に勝る!
著者名 著:井上 真吾
発売日 2015年12月17日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288348-1
通巻番号 2348
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

関連シリーズ

オンライン書店で見る