タモリと戦後ニッポン

講談社現代新書
タモリトセンゴニッポン
  • 電子あり
タモリと戦後ニッポン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

終戦直後に生まれ古希を迎えた
稀代の司会者の半生と、
敗戦から70年が経過した日本。

双方を重ね合わせることで、
あらためて戦後ニッポンの歩みを
検証・考察した、新感覚現代史!

まったくあたらしいタモリ本!

タモリとは「日本の戦後」そのものだった!

--------------------

本書はタモリの足跡を通して
戦後ニッポンの歩みを振り返るというものである。

なぜ、タモリを軸としたのか。

それはまず何より、彼が一九四五年八月二二日と
終戦のちょうど一週間後に生まれ、
その半生は戦後史と軌を一にしているからである。

(中略)本書ではもちろんタモリと場所と時間を共有した
著名人もたくさんとりあげるつもりだが、それとあわせて、
(中略)タモリとどこかですれ違っていたはずの
より多くの人たちにも目を向けたい。

そんな有名無名の人たちとタモリとの接点にこそ
時代性とやらは宿っていると思うからだ。

というわけで本書には多くの場所が登場する。

大学、ジャズ喫茶、ボウリング場、酒場、生放送のスタジオetc.……

タモリが各時代ごとにすごした場所をたどり、
そこでの人間関係をひもときながら、
戦後という時代を描き出せたらいいのだが。

まずは彼の幻の故郷ともいうべき
旧満洲を旅してみることにしよう。―「はじめに」より

--------------------

◆本書のおもな内容◆
序 章  偽郷としての満洲
第1章 坂とラジオ、そしてジャズ―祖父母に育てられて
第2章 大学紛争とダンモ研狂騒曲―森田一義から「タモリ」へ
第3章 空白の7年間―ボウリングブームのなかで
第4章 ニッポン最後の居候―タモリ出現
第5章 テレビ「お笑い」革命―芸能人と文化人のあいだで
第6章 “変節”と“不変”―フジテレビの絶頂と『笑っていいとも!』
第7章 「リスペクト・フォー・タモリ」ブーム―テレビは終わらない
終 章  タモリとニッポンの“老後”

目次

  • 序章  偽郷としての満洲
  • 第1章 坂とラジオ、そしてジャズ―祖父母に育てられて
  • 第2章 大学紛争とダンモ研狂騒曲―森田一義から「タモリ」へ
  • 第3章 空白の7年間―ボウリングブームのなかで
  • 第4章 ニッポン最後の居候―タモリ出現
  • 第5章 テレビ「お笑い」革命―芸能人と文化人のあいだで
  • 第6章 “変節”と“不変”―フジテレビの絶頂と『笑っていいとも!』
  • 第7章 「リスペクト・フォー・タモリ」ブーム―テレビは終わらない
  • 終章  タモリとニッポンの“老後”

製品情報

製品名 タモリと戦後ニッポン
著者名 著:近藤 正高
発売日 2015年08月20日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-288328-3
通巻番号 2328
判型 新書
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 本書はウェブサイト「ケイクス」にて2014年3月31日から2015年4月1日まで連載した「タモリの地図――森田一義と歩く戦後史」を、新たな取材や資料などを踏まえて大幅に加筆修正したものです。

著者紹介

著:近藤 正高(コンドウ マサタカ)

(こんどう・まさたか)1976年愛知県生まれ。ライター。サブカルチャー誌「クイック・ジャパン」(太田出版)の編集アシスタントを経て1997年よりフリーランス。「ユリイカ」「週刊アスキー」「ビジスタニュース」「エキサイトレビュー」など雑誌やウェブへの執筆多数。著書に『私鉄探検』(ソフトバンク新書)、『新幹線と日本の半世紀』(交通新聞社新書)。現在、ウェブサイト「cakes」にて物故した著名人の足跡とたどるコラム「一故人」を連載中。ブログ:Culture Vulture(http://d.hatena.ne.jp/d-sakamata/)、ツイッター:@donkou

オンライン書店で見る