〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神

講談社現代新書
ミライノツクリカタシリコンバレーノコウカイスルセイシン
  • 電子あり
〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜイノベーションはシリコンバレーで起こるのか? IoT時代に入り、Googleはどんな未来を描いているか? 大望を語る起業家、それを後押しする若き投資家、そしてITの巨人Google、Amazon、Facebook……彼らの合い言葉は「Better World」「Better Future」。彼らを突き動かす力の源を解き明かす渾身の論考!


シリコンバレーで今、何が起きているか?
Google、Amazon、Facebookが目指すものとは?

そもそも、なぜアメリカは〈未来〉を語り続けるのか?
なぜ、ウェブ文明はアメリカで生まれたのか?

知っているようで知らないアメリカの不思議を解き明かす。
イノベーションの聖地からウェブ文明の根源を問う渾身の論考!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【プロローグより】

未来とは、待てば自ずからやって来るものなのか。
それとも、未来は、自らの手で引き寄せ、築くものなのか。

……イノベーションの聖地であるシリコンバレーでは、圧倒的に後者の態度が取られる……彼らは、未来は自分たちで築くものだと信じている。では、なぜ彼らはそう信じきることができるのか。本書で扱うことは、突き詰めればこのことである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【目 次】

第1章  ムーアの予言
第2章  月を穿つ
第3章  投資するビジョナリ
第4章  大望を語る
第5章  交歓するコマース
第6章  鏡としての東海岸
幕 間  ―西から東へ―
第7章  ソーシャルの磁場
第8章  反射するバーチャル
第9章  分散社会への郷愁
第10章 探究する思考習慣
第11章 アメリカというOS
第12章 二周目の近代

目次

  • 第1章  ムーアの予言
  • 第2章  月を穿つ
  • 第3章  投資するビジョナリ
  • 第4章  大望を語る
  • 第5章  交歓するコマース
  • 第6章  鏡としての東海岸
  • 幕 間  ―西から東へ―
  • 第7章  ソーシャルの磁場
  • 第8章  反射するバーチャル
  • 第9章  分散社会への郷愁
  • 第10章 探究する思考習慣
  • 第11章 アメリカというOS
  • 第12章 二周目の近代

製品情報

製品名 〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神
著者名 著:池田 純一
発売日 2015年05月20日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-288315-3
通巻番号 2315
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:池田 純一(イケダ ジュンイチ)

1965年生まれ。FERMAT Inc.代表。コンサルタント、Design Thinker。コロンビア大学大学院公共政策・経営学修了(MPA)。早稲田大学大学院理工学研究科修了(情報数理工学)。電通総研、電通を経て、メディア・コミュニケーション分野を専門とするFERMAT-Communications Visionary-を設立。著書に『ウェブ×ソーシャル×アメリカ』(講談社現代新書)、『デザインするテクノロジー』(青土社)、『ウェブ文明論』(新潮選書)など。

オンライン書店で見る