世界の鉄道紀行

講談社現代新書
セカイノテツドウキコウ
  • 電子あり
世界の鉄道紀行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

線路の上をボンネットバスが走行するボリビアのレールバスなど、奇想天外な世界の鉄道20路線をめぐる「夢の鉄道旅行記」。マチュピチュへの登山列車/クラクフから通勤電車で世界遺産巡り/幻の湖を目指す中央アジアの小鉄道/ハワイへ行って汽車に乗る/世界最高地点を行くアンデスの鉄道/“本家”オリエント急行に乗ったとき/ヒマラヤの国際軽便鉄道/夜行列車でユーフラテス川を目指す、など。(講談社現代新書)


マチュピチュへの登山列車(ペルー)
クラクフから通勤電車で世界遺産巡り(ポーランド)
幻の湖を目指す中央アジアの小鉄道(キルギス)
ハワイへ行って汽車に乗る(アメリカ)
世界最高地点を行くアンデスの鉄道(ペルー)
“本家”オリエント急行に乗ったとき
(ハンガリー→オーストリア→ドイツ→フランス)
ヒマラヤの国際軽便鉄道(ネパール)
夜行列車でユーフラテス川を目指す(シリア)
昭和時代の日本へ(台湾)
ビコールトレイン往来記(フィリピン)
車窓に広がる地雷原(カンボジア)
ベールの向こうの旅順線(中国)
泰緬鉄道でミャンマーへ(タイ→ミャンマー)
線路を走る南米奥地のボンネットバス(ボリビア)
ブラックアフリカのジャングルトレイン(カメルーン)
内戦をくぐり抜けたバルカン半島のローカル線(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
テキーラ・エクスプレスの酔狂な一日(メキシコ)
家族で楽しむキュランダ高原鉄道(オーストラリア)
ベトナム北部のホテル専用列車(ベトナム)
知られざる豪華ディナー列車に揺られて(ザンビア)

目次

  • マチュピチュへの登山列車(ペルー)
  • クラクフから通勤電車で世界遺産巡り(ポーランド)
  • 幻の湖を目指す中央アジアの小鉄道(キルギス)
  • ハワイへ行って汽車に乗る(アメリカ)
  • 世界最高地点を行くアンデスの鉄道(ペルー)
  • “本家”オリエント急行に乗ったとき
  • (ハンガリー→オーストリア→ドイツ→フランス)
  • ヒマラヤの国際軽便鉄道(ネパール)
  • 夜行列車でユーフラテス川を目指す(シリア)
  • 昭和時代の日本へ(台湾)
  • ビコールトレイン往来記(フィリピン)
  • 車窓に広がる地雷原(カンボジア)
  • ベールの向こうの旅順線(中国)
  • 泰緬鉄道でミャンマーへ(タイ→ミャンマー)
  • 線路を走る南米奥地のボンネットバス(ボリビア)
  • ブラックアフリカのジャングルトレイン(カメルーン)
  • 内戦をくぐり抜けたバルカン半島のローカル線(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
  • テキーラ・エクスプレスの酔狂な一日(メキシコ)
  • 家族で楽しむキュランダ高原鉄道(オーストラリア)
  • ベトナム北部のホテル専用列車(ベトナム)
  • 知られざる豪華ディナー列車に揺られて(ザンビア)

製品情報

製品名 世界の鉄道紀行
著者名 著:小牟田 哲彦
発売日 2014年07月18日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-288275-0
通巻番号 2275
判型 新書
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 本書への収録に際して大幅に加筆

著者紹介

著:小牟田 哲彦(コムタ テツヒコ)

小牟田 哲彦(こむた・てつひこ)
昭和五十年東京生まれ。早稲田大学法学部卒業、筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業法学専攻修了。日本及び東アジアの近現代交通史や鉄道に関する研究・文芸活動を専門とし、紀行作品や論文を多数発表。平成七年には日本国内のJR線約二万キロを全線完乗。世界七十ヵ国余りにおける鉄道乗車距離の総延長は八万キロを超える。主な著書に『鉄馬は走りたい――南北朝鮮分断鉄道に乗る』(草思社)、『全アジア航路を行く』(河出書房新社)、『去りゆく星空の夜行列車』(扶桑社)、『鉄道と国家――「我田引鉄」の近現代史』(講談社現代新書)など。日本文藝家協会会員。

関連シリーズ

オンライン書店で見る