現実脱出論

講談社現代新書
ゲンジツダッシュツロン
  • 電子あり
現実脱出論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「現実」って何だろう? 私たちが知覚している世界と「現実」は、実はかなりズレている!? 「現実」ではノイズとしてカットされているかすかな五感のささやきに、異能の作家・坂口恭平が耳を澄ます。そこで浮かび上がってきたものとは? 驚きの(そしてどこか懐かしい)世界をありありと体験できる本。私たちは本当は、見えないものたち、触れることのできないものたちに包まれて生きているのだ。


目に映っている現実は、決して唯一無二の世界じゃない!

目で見ることも、手で触れることもできないけれど、
たしかに存在するあの〈懐かしい世界〉へ読者を誘う

ベストセラー『独立国家のつくりかた』で〈社会〉と対峙した坂口恭平が、
今度は私たちの〈無意識〉にダイブする!


【目次】

プロローグ 現実さんへの手紙
第1章 疑問の萌芽
第2章 語り得ない知覚たち
第3章 時間と空間
第4章 躁鬱が教えてくれたこと
第5章 ノックの音が聞こえたら
第6章 だから人は創造し続ける
エピローグ ダンダールと林檎

目次

  • プロローグ 現実さんへの手紙
  • 第1章 疑問の萌芽
  •  1 現実からの招待状
  •  2 それは学習机であり、巣の材料でもある
  •  3 膨張する居酒屋
  • 第2章 語り得ない知覚たち
  •  1 目の創造活動
  •  2 臭党
  •  3 匂いの建築
  •  4 手が届かない快感
  •  5 聴いたことのない懐かしい音楽
  •  6 線の言語
  • 第3章 時間と空間
  •  1 時間について
  •  2 空間について
  •  3 トヨちゃんのぬいぐるみ王国
  • 第4章 躁鬱が教えてくれたこと
  •  1 躁鬱という機械
  •  2 空き地のような他者の知覚
  •  3 機械からの問い
  •  4 現実を他者化する
  • 第5章 ノックの音が聞こえたら
  •  1 ものがたり
  •  2 半現実のつくりかた
  •  3 振る舞い言語
  • 第6章 だから人は創造し続ける
  •  1 思考という巣
  •  2 創造とは何か
  •  3 なぜ思考を伝達しようと試みるのか
  •  4 現実へ
  • エピローグ ダンダールと林檎
  • あとがき

製品情報

製品名 現実脱出論
著者名 著:坂口 恭平
発売日 2014年09月18日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288274-3
通巻番号 2274
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:坂口 恭平(サカグチ キョウヘイ)

1978年、熊本生まれ。建築家・作家・絵描き・歌い手、ときどき新政府内閣総理大臣。著書に『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(河出文庫)、『独立国家のつくりかた』(講談社現代新書)、『幻年時代』(幻冬舎、熊日出版文化賞)、『坂口恭平 躁鬱日記』(医学書院)、『徘徊タクシー』(新潮社)、弾き語りCDアルバムに『Practice for a Revolution』などがある。

オンライン書店で見る