非言語表現の威力 パフォーマンス学実践講義

講談社現代新書
ヒゲンゴヒョウゲンノイリョクパフォーマンスガクジッセンコウギ
  • 電子あり
非言語表現の威力 パフォーマンス学実践講義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

どんなに内容が良くても、それだけでは、伝わらない! テレビ・雑誌などメディアでもおなじみ、自己表現(パフォーマンス学)の第一人者として活躍してきた著者が、6年間の雌伏生活で劇的に向上した安倍晋三首相のスピーチなどをサンプルにしつつ、最新の研究をもとに明らかにする魅力的な伝え方。(講談社現代新書)


どんなに内容が良くても、
それだけでは、伝わらない!

テレビ・雑誌などメディアでもおなじみ、
自己表現(パフォーマンス学)の第一人者として活躍してきた著者が、
6年間の雌伏生活で劇的に向上した安倍晋三首相のスピーチなどをサンプルにしつつ、
最新の研究をもとに明らかにする魅力的な伝え方。

あなたは、「話す内容」だけに意識がいっていませんか?
プレゼン・スピーチ・交渉・対話……、
さまざまな「伝える」場面で、じつは話の内容以上に重要なのは、
身振りや手振り、声のトーンやアイコンタクトといった非言語表現。

聴衆を一瞬で自分に引きつける「ブリッジング話法」、
意識するだけで印象が変わる「離見の見」など、
学んで練習すれば、誰もが身につけられる方法が満載。

目次

  • 第1章 人は意図的に自己表現せずにはいられない―─自己表現の基本的仕組み
  • 思わず相手に影響される自己表現──「ミラー」と「ミミクリ」の謎/二人のあなた/世阿弥に学ぶパフォーマー「三つの目」
  • /仕事の成功は自分の「見せ方」「伝え方」で決まる etc.
  • 第2章 世界のスタンダード「LEP理論」──相手に応じて最適な伝え方を選ぶ
  • 相手が動き出す三つのエンジン/安倍首相の言葉の変化──ロジックはできるだけシンプルに伝える
  • /オバマ大統領の言葉の選択/小泉進次郎議員の「ブリッジング技法」
  • /スティーブ・ジョブズのシンプル英語に学ぶ
  • 第3章 言葉よりも雄弁な非言語表現──本当の仕組みと上手な使い方 
  • 非言語パワーのおもしろさと使い道/第一印象は「顔の表情」で決まる/
  • 人柄は二秒でわかる/背骨は重要なメッセンジャー/アイコンタクトほど強力な伝達手段はない
  • /「嘘」が一番正確にわかる方法 etc.
  • 第4章 自分の気持ちを言葉で伝える実践編―─自己紹介からスピーチ、プレゼン、交渉まで
  • 言葉が伝わるための絶対的条件──「コード」の同一化/楽しませるか、知らせるか、説得するか
  • /「感情プレゼン」成功のコツ──三つの自己開示/ウィンウィンのネゴシエーション/タイプ別・上手な褒め方・叱り方 etc.
  • 第5章 上手に会話を続ける──会話の目的別フィードバック
  • 表情を読んで、会話を変える/傾聴できれば、話はつながる──「SOLER原則」
  • /お願い事は「アイメッセージ」で──選択権を相手に預ける/なぜ日本人は質問を「非難」と思ってしまうのか etc

製品情報

製品名 非言語表現の威力 パフォーマンス学実践講義
著者名 著:佐藤 綾子
発売日 2014年07月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288273-6
通巻番号 2273
判型 新書
ページ数 200ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:佐藤 綾子(サトウ アヤコ)

1947年長野県生まれ。信州大学教育学部卒業、育児をしつつ英語通訳国家試験合格。その後上智大学大学院英文科に入学、アメリカ演劇専攻。上智大学大学院博士課程在籍のまま、ニューヨーク大学大学院パフォーマンス研究学科修士課程入学。1980年同大学院を卒業し日本に帰国。玉川大学非常勤講師。上智大学大学院博士課程 満期修了。その後実践女子大学助教授に就任。89年国際パフォーマンス研究所を創設し代表就任。92年国際パフォーマンス学会を設立、学会専務理事。93年実践女子大学教授に就任。97年7月8日社団法人パフォーマンス教育協会設立、理事長に就任。2001年2月14日博士号(パフォーマンス学・心理学)「人間関係づくりにおける非言語的パフォーマンスの研究」論文により博士号取得(立正大学)。2004年より日本大学芸術学部研究所教授、08年4月より日本大学芸術学部教授。

オンライン書店で見る