和解という知恵

講談社現代新書
ワカイトイウチエ
  • 電子あり
和解という知恵
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間関係がぎくしゃくして悩んでいる方、遺産分割や離婚等のトラブルを抱えている方へ。人間関係がうまくゆかなくなって落ち込んでしまうことは、いつの時代でも、誰でもあることなのでしょう。とりわけ近年は、遺産分割等を機にこれまでうまくいっていた親族との人間関係がぎくしゃくし、深く悩んでいる人は多いと思います。本書は、弁護士としての46年の経験に基づき、紛争を避けるための「和解」のコツについて論じた本です。


【「仲直り」のヒント】
人間関係がぎくしゃくして悩んでいる方、遺産分割や離婚等のトラブルを抱えている方へ。「妥協」「譲歩」をせずに紛争を避けるコツを第一人者の弁護士が伝授します。

宮澤賢治が「ヤメロ」と言った「ソショウ」はどうすればやめられるのか。
家庭で、職場で、ご近所で―。
人間関係に悩むみなさんに贈る「和解」という「幸せの処方せん」。

--------------------------------------------------------

近年、遺産分割や離婚等を機に、これまでうまくいっていた親族との人間関係がぎくしゃくし、深く悩んでいる人はかなり多いと思います。

そうしたトラブルが起こった時、解決策はいろいろありますが、私が推奨するのは断然「和解」です。この『和解という知恵』は、弁護士としての46年の経験に基づき、紛争を避けるための「和解」のコツについて論じた本です。「和解」といえば、「妥協」「足して2で割る」というようないい加減なもの、と思われるかもしれません。しかし本書では「和解のメカニズム」を解明するとともに、和解の方法について、具体例をもとにまとめました。

【本書の主な内容】
序章 訴訟をやめて和解を
第1章 和解とは何か
譲歩と和解/因果律と共時性の原理/ワキガを理由に離婚? ほか
第2章 和解のしくみ
過去に左右される「訴訟」と未来を志向する「和解」/
金銭の貸し借りを巡る和解の方法 ほか
第3章 和解の扉を開く鍵
紛争解決規範の定義/ゲーム理論/言葉を引き出す工夫 ほか
第4章 和解へのスタート
身体と心の状態に光を当てる
そこに「経済的な安心感」はあるか ほか
第5章 和解をやり遂げる方法
遺産分割協議における利害の調整法
土地の交換に見るウィン・ウィンの和解
先妻の子の「今」を知るための情報収集法 ほか
第6章 和解の源泉と二つの源流
第7章 和解の深さ

目次

  • 【本書の主な内容】
  • 序章 訴訟をやめて和解を
  • 北ニケンクヮヤ ソショウガアレバ/あるゴルフ場の倒産事件/解決を生み出す知恵の塊り
  • 第1章 和解とは何か
  • 和解の難しさ/和解の研究と紛争解決学/紛争と解決/和解のための言葉/譲歩と和解/因果律と共時性の原理/ワキガを理由に離婚?
  • 第2章 和解のしくみ
  • 和解システムを解明する/過去に左右される「訴訟」と未来を志向する「和解」/100対ゼロの「訴訟」と権利に相応する「和解」/金銭の貸し借りを巡る和解の方法/訴訟上の和解も増加
  • 第3章 和解の扉を開く鍵
  • 「法」とは何か/「法」のもう一つの機能/紛争解決規範の定義/ゲーム理論/言葉を引き出す工夫
  • 第4章 和解へのスタート
  • まずは「怒り」を抑える/「今ここにいる」ということの意味/心身と心の状態に光を当てる/重要な鍵となる過去、現在、未来/そこに「経済的な安心感」はあるか/虚偽を暴いてよい和解を/代理人、調停人・仲裁人の必要性/裁判外紛争解決(ADR)という方法
  • 第5章 和解をやり遂げる方法
  • マニュアル的なテクニックよりも大切な基本/人の話をよく聞くこと/言葉を届ける/評価的な意味の言葉は避ける/遺産分割協議における利害の調整法/土地の交換に見るウィン・ウィンの和解/先妻の子の「今」を知るための情報収集法/事件の核心をつかむ/感動的な方法/よい解決案とは?
  • 第6章 和解の源泉と二つの源流
  • 「和」の精神/法の支配/「近代」を源泉とする二つの源流/合意と私的自治/対照的な二つの流れ/私的自治の現実
  • 第7章 和解の深さ
  • 付帯条件つき最終提案調停・仲裁という新手/契約金返還請求事件(付帯条件つき最終提案仲裁)/瑕疵補修及び損害賠償請求・請負代金反対請求事件(付帯条件つき最終提案調停)/下請代金請求事件(付帯条件つき最終提案調停)/最終提案調停・仲裁における脳の動き/付帯条件付き最終提案調停・仲裁の思想

製品情報

製品名 和解という知恵
著者名 著:廣田 尚久
発売日 2014年04月18日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288260-6
通巻番号 2260
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:廣田 尚久(ヒロタ タカヒサ)

廣田 尚久(ひろた たかひさ)
1938年平壌市生まれ。東京大学法学部卒業後、川崎製鉄(現在のJFE)に入社。66年同社を退社、68年弁護士登録(第一東京弁護士会)。九州大学法学部・大学院法学研究科非常勤講師(93年)、大東文化大学環境創造学部教授(2001年)、法政大学法科大学院教授(05年)を経て、06年、廣田尚久紛争解決センターを設立。おもな著書に『紛争解決学』(信山社)、『上手にトラブルを解決するための和解道』(朝日新聞社)のほか、小説や経済関連書籍なども執筆している

オンライン書店で見る