万葉びとの宴

講談社現代新書
マンヨウビトノウタゲ
  • 電子あり
万葉びとの宴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新元号「令和」の由来がわかる!
『万葉集』研究の第一人者が「梅花の宴」を読み解く決定版

宴はなぜ大宰府で行われたのか?
歌はどのように披露されたのか?
そもそもなぜ梅の花だったのか?


 * * *

かくも素晴らしき「宴会」ニッポンの原点
古代人の雅に学ぶ酒宴の神髄

主人と客はお互いを気遣って称え合う。
盛り上げ上手の芸達者はあちこちでお座敷がかかる。
途中で抜ける時はマナー違反につき下手に出たり…。
思わず親近感が湧いてくる古代の人びとの宴会を、
注目の万葉学者がおもしろ実況・解説!

目次

  • プロローグ――「うたげ」とは
  • 第一章 宴と歌の関係
  • 第二章 額田王の媚態
  • 第三章 天平知識人たちの雅宴
  • 第四章 『万葉集』の最後の歌
  • 第五章 雪かきして酒にありつこう
  • 第六章 正月歌の型とその工夫
  • 第七章 宴会芸の世界
  • 第八章 愛誦歌、おはこについて
  • 第九章 宴の流れ
  • 第十章 宴のお開きにあたり
  • エピローグ――宴の文化論

製品情報

製品名 万葉びとの宴
著者名 著:上野 誠
発売日 2014年04月18日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288258-3
通巻番号 2258
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る