呼鈴の科学 電子工作から物理理論へ

講談社現代新書
ヨビリンノカガクデンシコウサクカラブツリリロンヘ
呼鈴の科学 電子工作から物理理論へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

呼鈴が鳴る、その仕組を初歩の電子工作と、著者の創案になる独自の装置を駆使して論じていく。数式を用いず、法則に頼らず。部品を集め、回路を作って、物の働きを実際に見て感じて考える。相対性理論も量子力学も、呼鈴の中で働いている。

本書はファラデーの名著「ロウソクの科学」の精神に倣い、一つの主題から湧き出てくる様々な問題を、簡単な実験を通して体感できるように工夫して、電磁気学解説の新生面を開いたものである。

目次

  • はじめに
  • 第0講 科学は観察にはじまる
  • 第1講 二種類の磁石
  • 第2講 磁石と力
  • 第3講 常識に沿って考える
  • 第4講 電子が持つ三つの顔
  • 第5講 誘導される電子
  • 第6講 呼鈴は何故鳴るか
  • 副音声 解説と補追
  • 索引 項目と人名
  • 献辞 日本2061

製品情報

製品名 呼鈴の科学 電子工作から物理理論へ
著者名 著:吉田 武
発売日 2014年01月17日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-288244-6
通巻番号 2244
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス