部長の資格 アセスメントから見たマネジメント能力の正体

講談社現代新書
ブチョウノシカクアセスメントカラミタマネジメントノウリョクノショウタイ
  • 電子あり
部長の資格 アセスメントから見たマネジメント能力の正体
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

マネジメント能力はその言動で測れ!
マネジメント能力は誰でも高められる!

部長を見れば、その会社の文化、実力、将来の発展性までわかる。
それほど重要な割に世に「困った」部長は「困った」課長以上にあふれている。
では、ボードメンバーの一歩前の部長の役割とは? 必要な能力とは? 
ヒューマン・アセスメントの第一人者として、
350社、4200人以上の管理職の能力判定・開発に携わってきた筆者が明らかにするマネジメント能力の本質。

目次

  • 第一章 あなたの周りの困った部長
  • 1非常時に弱いタイプ
  • 2現在価値守旧タイプ
  • 3表面対応タイプ
  • 4改善・漸進タイプ
  • 5能吏タイプ
  • 6優柔不断タイプ
  • 7とりあえずタイプ
  • 8成果偏重タイプ
  • 9円満至上主義タイプ
  • 10キャリア志向タイプ
  • 11支配志向タイプ
  • 12統制志向タイプ
  • 13ヒラメタイプ
  • 14他責タイプ
  • 15安逸タイプ
  • 16存在感希薄タイプ
  • 17部門利益代表タイプ
  • 18信なく立てないタイプ
  • 困った部長たちへの対応法
  • 第二章 部長の役割と必要な能力
  • 1 部長と課長との違いとは
  • 2 管理職の役割責任と必要な能力の構造
  • 3 マネジメント能力とは何か
  • 4 仕事や組織文化が違うと必要な能力も違う 
  • 第三章 「できる」部長の落とし穴── 10の常識と逆説
  • 1改善に熱心な部長の限界とは?/2強いリーダーシップを発揮する部長の弊害とは?
  • 3挑戦力旺盛な部長が負け犬根性のチームを作る?/4感受性豊かな部長が力のない甘いチームを作る?/
  • 5目的志向性も絶対ではない?/6規律性に富んだ部長が創造力のない組織を作る?/
  • 7ビジョン構築力に富んだ部長が陥る落とし穴とは?/8強い決断力を持った部長の功罪とは?/
  • 9昇進に無欲な部長が組織を停滞させる?/10顧客満足志向の限界とは?
  •     
  • 第四章 「困った」部長から「できる」部長へ
  • 1「困った」部長からの変身
  • 2 能力開発の王道──八つのステップとポイント
  • 3 能力開発の実際
  • 4 これからの部長像を目指して
  • 5 能力開発は誰にでもできる

製品情報

製品名 部長の資格 アセスメントから見たマネジメント能力の正体
著者名 著:米田 巖
発売日 2013年11月15日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288236-1
通巻番号 2236
判型 新書
ページ数 228ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:米田 巖(ヨネダ イワオ)

米田 巖(よねだ いわお)
1941年生まれ。山口県山口市出身。慶応義塾大学経済学部卒業。第一生命保険株式会社、民間大手コンサルタント会社NOG勤務後、2001年株式会社アセスメント&コンサルティング・ネットワーク21を設立、代表に就任、現在に至る。現在の主なサービス領域は、19業界におよぶ上場企業管理職のヒューマン・アセスメント。特に、一部上場企業役員クラス対象のエグゼクティブ・アセスメント・コースを国内で初めて開発・提供しており、過去10年余で十数社に及ぶ。ほかにエグゼクティブ・コーチング、管理職研修、組織人事コンサルティングなど。企業のほか政府機関、独立行政法人、自治体、経済団体等に対してアセスメント、コンサルティング、研修、講演など多数。

オンライン書店で見る