データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方

講談社現代新書
データヲツムイデシャカイニツナグ
  • 電子あり
データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

著者・渡邉英徳氏は、「ナガサキ・アーカイブ」「ヒロシマ・アーカイブ」「沖縄平和学習アーカイブ」「東日本大震災アーカイブ」等、グーグルアースに証言や写真、動画等を載せたデジタルアーカイブを地元の人々との協働により制作、注目されています。肩書は情報アーキテクト。データを見やすくデザイン、貴重な記録を時空を超えて伝え「記憶のコミュニティ」をつくる―そんな仕事を通して現代におけるデータのあり方を語ります。

目次

  • 第1章 ビッグデータの時代
  • 第2章 オープンデータの時代
  • 第3章 仮想世界の「建築」とグーグルアース
  • 第4章 記憶をつたえる「アーカイブ」をつくりはじめた
  • 第5章 ヒロシマ・アーカイブ
  • 第6章 東日本大震災アーカイブ
  • 第7章 震災とビッグデータ

製品情報

製品名 データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方
著者名 著:渡邉 英徳
発売日 2013年11月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288234-7
通巻番号 2234
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:渡邉 英徳(ワタナベ ヒデノリ)

1974年生まれ。東京理科大学理工学部建築学科卒業、筑波大学大学院博士後期課程修了。博士(工学)。現在、首都大学東京システムデザイン学部准教授、京都大学地域研究統合情報センター客員准教授。情報デザイン、ネットワークデザイン、Webアートを研究する「情報アーキテクト」として活動。グーグルアースにさまざまな歴史資料とデータを重ね合わせた、新しいかたちのデジタルアーカイブの制作を進めている。「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」「ナガサキ・アーカイブ」「ヒロシマ・アーカイブ」「東日本大震災アーカイブ」など。「沖縄平和学習アーカイブ」では総合監修を担当。

オンライン書店で見る