黒田官兵衛 作られた軍師像

講談社現代新書
クロダカンベエツクラレタグンシゾウ
  • 電子あり
黒田官兵衛 作られた軍師像
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

来年の大河ドラマの主人公黒田官兵衛。その有能さは豊臣秀吉、徳川家康をも恐れさせたと言われています。本能寺の変では有名な中国大返しを実現させたなど多くのエピソードが残っていますが、それらは主として江戸時代に作られたものです。官兵衛には「軍師」という言葉がついてまわりますが、この「軍師」という言葉も戦国時代にはなく、後世につくられたものでした。本書は信頼できる史料をもとに、黒田官兵衛の実像に迫ります。


来年の大河ドラマの主人公黒田官兵衛。その有能さは、豊臣秀吉、徳川家康をも恐れさせたと言われる、戦国から江戸前期にかけての大名です。本能寺の変で、信長が斃れ悲嘆にくれる秀吉に、「天下を取る好機です」とささやき、有名な中国大返しを実現させたなど、多くのエピソードが残っています。しかし、それらは主として江戸時代に作られたものがほとんどです。官兵衛といえば、「軍師」という言葉がついてまわりますが、この「軍師」という言葉も、戦国時代にはなく、後世につくられたものだったのです。本書は、信頼できる史料をもとに、黒田官兵衛の実像に迫る一冊です。

目次

  • 第一章 黒田氏の出自と父祖
  • 第二章 若き官兵衛――本能寺の変まで
  • 第三章 秀吉の天下統一戦争における官兵衛
  • 第四章 朝鮮出兵から関ヶ原合戦へ
  • 第五章 「名軍師像」誕生の背景

製品情報

製品名 黒田官兵衛 作られた軍師像
著者名 著:渡邊 大門
発売日 2013年09月18日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288225-5
通巻番号 2225
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る