僕がメディアで伝えたいこと

講談社現代新書
ボクガメディアデツタエタイコト
著:堀 潤
  • 電子あり
僕がメディアで伝えたいこと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

実は、いじめを受けていた小中学校時代。就職活動では民放の入社試験に落ちまくり、なんとか入れたNHK時代、街中では「嘘つき」と怒鳴られ、社内では「給料泥棒」呼ばわりされた。会議では「黙って原稿を読めばいい」「打ち合わせにないことはやるな」と叱責されたこともあった。それでもくじけず、あきらめなかった理由とは何か。元NHKアナウンサー、堀潤の発想と行動の「原点」――。(講談社現代新書)


NHKのアナウンサーの多くはあらかじめ決められた段取りに従い、リハーサルを何回もしてから本番に臨むというように、決まりきったことしかやらないし、台本に書かれていないことはまず話さない。

そのため、番組では生放送が発するようなハプニング感は感じられないし、中継番組もどこか漂白された感を否めない。

僕にとっては、それがおもしろくなかった。

(中略)

あるお祭りの中継で、実行委員会のAさんに話を聞くシーンでのこと。

彼は、途中までは台本を覚えていたのだろう。

ペラペラと話すことができたが、ある時点で言葉に詰まり、続くはずのコメントが出なくなってしまった。

通常、NHKのアナウンサーならこんな時、「つまり、○○ということですよね?」などと言って必死に取り繕おうとする。

結果、その場には微妙な空気が漂う。

その気まずい雰囲気は、テレビの前のみなさんにも伝わってしまうものだ。

だからその時、僕はこうフォローした。

「Aさん、台本を一緒に読みましょうか。リハーサルしていても、生放送はやっぱり緊張しますよね」

とにかく楽しい放送をしたかった。

嘘をつき、取り繕い、いいように見せかける放送ではなく、正直な放送をしたかった。

だからこそ、こんなふうにテレビの裏側を「ド正直」に流す手法を僕は心がけてきた。(「第1章」より)

---------------------------------

いじめを受けていた小学校時代のあだ名は、「なんでやねん君」。

バイオリンを習わされていた著者は半ズボンを履き、襟付きのシャツを着ていた大人しい「お坊ちゃん」でしかなかった。

就職活動では民放の入社試験に落ちまくり、なんとか入れたNHK時代、街中では「嘘つき」と怒鳴られ、社内では「給料泥棒」呼ばわりされたことがあった。

会議では「黙って原稿を読めばいい」「打ち合わせにないことはやるな」と叱責されたこともあった。

それでもくじけず、あきらめなかった理由とは何か。

元NHKアナウンサー、堀潤の発想と行動の「原点」――。

目次

  • 第一章 NHKで学んだこと
  • 泊まり込みの新人研修/実は落ちまくっていた民放の入社試験/「アナウンサー声」の身につけ方/ニュース原稿を読む難しさ/アナウンサーがいちばん怖れること/公共放送の果たすべき役割/NHKの地方局ならではの仕事/「嘘つき」と怒鳴られて/視聴者への裏切りは謝罪すべき/NHKにとっての伝統や革新とは/いいように取り繕う放送はしたくない/急転直下の異動 ほか
  • 第二章 僕がカメラに背を向けた理由
  • 「チャラチャラしたヤツは現場に行かせない」/「給料泥棒」と呼ばれて/「早く成果を出そうとあせるな」/笑い顔でレポートするな/現場感を伝えるための工夫/「ワンカメ中継」の狙い/『ニュース7』との違い/ストーリーに合ったコメントを欲しがる番組作り/ニュース番組の限界/「ローカル放送じゃないんだ」/物事を一面的には捉えない/「人々に寄り添う」報道への疑問/見逃さなかった一瞬 ほか
  • 第三章 果たせなかったメディアの責任
  • 大企業目線だった『Bizスポ』/「黙って原稿を読めばいい」「打ち合わせにないことはやるな」/ニュース原稿を読むだけのキャスターにはなりたくなかった/僕がツイッターを始めたわけ/閉鎖的な言論空間/使用禁止用語/メディアの責任/真っ赤な嘘/「原発の話はもういいよ」/「君は国家を転覆させようとしているのか」/厚かった「大きな官僚組織」の壁/ツイッター閉鎖 ほか
  • 第四章 僕がメディアで伝えたいこと
  • 公平中立を保とうとするアメリカメディア/キーワードは「オープン」/情報を共有することの重要性/ドキュメンタリー映画を作った理由/ロスで見た「福島の五〇年後」/『きょうの料理』と『女神ビジュアル』/上映会中止命令/再び二二階の大会議室へ/三〇分の退職劇 ほか

製品情報

製品名 僕がメディアで伝えたいこと
著者名 著:堀 潤
発売日 2013年09月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288223-1
通巻番号 2223
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:堀 潤(ホリ ジュン)

堀 潤(ほり じゅん)

1977年兵庫県生まれ。NPO法人「8bit News」代表、ジャーナリスト。立教大学文学部卒業後、2001年4月、アナウンサーとして日本放送協会(NHK)入局。岡山放送局を経て、『ニュースウオッチ9』『Bizスポ』など報道番組を担当したのち、2013年4月に退局。投稿型ニュースサイト「8bit News」を立ち上げ、パブリック・アクセスの実現、オープンジャーナリズムの実践を目指している。

オンライン書店で見る