戦前日本の安全保障

講談社現代新書
センゼンニホンノアンゼンホショウ
  • 電子あり
戦前日本の安全保障
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日露同盟か、日米提携か、集団的相互安全保障か、それとも――。
第一次世界大戦以降、日英同盟が空洞化し、中国をめぐる欧米との軋轢が進むなか指導者たちが描いた外交構想とは? 山県有朋、原敬、浜口雄幸、永田鉄山という大戦間期を代表する4人の世界戦略を読み解く。現代の安全保障を考える際の手がかりとなる一冊。

目次

  • はじめに
  • 第一章 第一次世界大戦期 山県有朋の構想──帝国日本の安全保障
  •  1 参戦と山県の対中国政策論
  •  2 対華二一ヵ条要求問題
  •  3 大隈内閣の改造と排袁政策批判
  •  4 日露同盟と山県の世界戦略
  •  5 ロシア革命の衝撃と援段政策
  •  6 寺内内閣総辞職と政党内閣の容認
  • 第二章 第一次世界大戦期 原敬の構想──国際協調の安全保障
  •  1 原の外交戦略
  •  2 対華二一ヵ条要求と原敬
  •  3 第四次日露協約と初期援段政策へのスタンス
  •  4 ロシア革命後の中国政策とシベリア出兵問題
  •  5 原政友会内閣の成立と外交政策の転換
  •  6 国際連盟と原の期待
  • 第三章 昭和初期 浜口雄幸の構想──集団的相互安全保障
  •  1 田中内閣の対中国政策と浜口の対応
  •  2 東アジアをめぐる国際環境と浜口の基本姿勢
  •  3 浜口民政党内閣の成立とその内外政策
  •  4 国際連盟重視とロンドン海軍軍縮条約の締結
  •  5 平和維持に関する多層的多重的条約網の形成
  •  6 国家総力戦の時代における現実主義
  • 第四章 昭和初期 永田鉄山の構想──次期大戦への安全保障
  •  1 陸軍一夕会の形成と永田
  •  2 国家総動員論と次期大戦認識
  •  3 資源自給と対中国戦略
  •  4 満州事変と政党政治の否定
  •  5 陸軍派閥対立と『国防の本義』
  •  6 皇道派排除と華北分離工作
  • むすびに
  • 文献案内
  • あとがき

製品情報

製品名 戦前日本の安全保障
著者名 著:川田 稔
発売日 2013年01月18日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-288190-6
通巻番号 2190
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る