世界史の中のパレスチナ問題

講談社現代新書
セカイシノナカノパレスチナモンダイ
  • 電子あり
世界史の中のパレスチナ問題
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ解決できないのか?難問の構造を歴史から読み解く15講。この一冊で中東問題のすべてがわかる!第1部パレスチナという場所、第2部列強の対立に翻弄されるユダヤ人とパレスチナ人、第3部「アメリカの平和」の終わりと始まり、という3部構成。パレスチナが2012年11月に国連総会で「国家」として承認されたが、イスラエルとアメリカという紛争当事国と関係国が認めていない以上、これ以上の進展は見込めないのが現状。


世界史ブームの中、現在最も深刻な様相を呈しているのはパレスチナという土地をめぐる政治的紛争です。イスラエル人とパレスチナ人の求める平和が、それほどかけ離れているとは言えません。アメリカ合衆国をはじめ大国が問題解決のために調停をしていますが、和平交渉に進展の兆しはみられません。
本書では、問題をどのように解決するかという視点からではなく、なぜこれまで解決できなかったのかという視点から根本的に考え直すことの必要性を説いてみます。そのための素材提供というささやかながら意欲的な試みを展開します。

目次

  • 第一部 パレスチナという場所
  •  第1講 パレスチナという地域とその宗教と言語
  •  第2講 ユダヤ教から見たキリスト教と反ユダヤ主義の起源
  •  第3講 イスラームから見たユダヤ教とキリスト教
  •  第4講 ヨーロッパ対イスラーム――「一四九二年」という転換点
  •  第5講 オスマン帝国と東方問題
  • 第二部 列強の対立に翻弄されるユダヤ人とアラブ人
  •  第6講 帝国主義時代の宗教、民族、人種
  •  第7講 第一次世界大戦とパレスチナ委任統治
  •  第8講 第二次世界大戦と国連パレスチナ分割決議案
  •  第9講 イスラエル国家建設とナクバ
  •  第10講 アラブ・イスラエル紛争の展開
  • 第三部 「アメリカの平和(パクス・アメリカーナ)」の終わりの始まり
  •  第11講 第三次中東戦争以降のパレスチナ問題とイスラエル
  •  第12講 冷戦終焉後の中東和平の挫折
  •  第13講 九・一一事件後のパレスチナ/イスラエル紛争
  •  第14講 アラブ革命とパレスチナ問題の現状
  •  第15講 パレスチナ問題と日本

製品情報

製品名 世界史の中のパレスチナ問題
著者名 著:臼杵 陽
発売日 2013年01月18日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-288189-0
通巻番号 2189
判型 新書
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る