民法はおもしろい

講談社現代新書
ミンポウハオモシロイ
  • 電子あり
民法はおもしろい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

知らないと損をしてしまう、「人生の必修科目」!
連帯保証人の悲劇とは? ゴミ集積場に出したゴミは誰のもの?
ネットで誤って承諾をクリックしてしまったら。振り込め詐欺にあったら――。
変わりつつある「現代社会の基本法」を第一人者がわかりやすく紹介する格好の入門書。

目次

  • 序 章  民法のイメージ
  • 第一章  民法は人生の必修科目
  • 第二章  民法典の沿革と全体像
  • 第三章  実践 市民目線の民法学
  • 第四章  市民が作る家族法
  • 第五章  民法は中小企業の金融法
  • 第六章  市民文化と民法教育
  • 第七章  「わかりやすい」民法とは――民法(債権関係)改正論議(1)
  • 第八章  古くなった民法を改正する話――民法(債権関係)改正論議(2)
  • 第九章  社会・経済の変化への対応――民法(債権関係)改正論議(3)
  • 第一〇章 民法改正と国際競争力
  • 結 章  日本民法典の未来と市民の未来

製品情報

製品名 民法はおもしろい
著者名 著:池田 真朗
発売日 2012年12月18日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288186-9
通巻番号 2186
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:池田 真朗(イケダ マサオ)

池田真朗(いけだ まさお)
慶應義塾大学法学部・同大学院法務研究科教授。一九四九年生まれ。旧司法試験・新司法試験考査委員、法制審議会部会委員、国連国際商取引法委員会(UNCITRAL)国際契約実務作業部会日本代表等を歴任。現在、日本学術会議会員。主著に『債権譲渡の研究』第一~第四巻(弘文堂)、『ボワソナードとその民法』(慶應義塾大学出版会)。『スタートライン債権法』『スタートライン民法総論』(日本評論社)、『新標準講義 民法債権総論』『新標準講義 民法債権各論』(慶應義塾大学出版会)、『法の世界へ』(共著・有斐閣)など、入門書・教科書の執筆も多い。

関連シリーズ

オンライン書店で見る