化石の分子生物学――生命進化の謎を解く

講談社現代新書
カセキノブンシセイブツガクセイメイシンカノナゾヲトク
  • 電子あり
化石の分子生物学――生命進化の謎を解く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ネアンデルタール人は現生人類と交配したか?
ジュラシック・パークの夢は実現するか?
古代DNA研究が解き明かした生命進化の謎の数々を、わかりやすく紹介する。
化石のささやきに耳を澄ませる生物学者たちの奮闘をつたえる好著!

●第29回講談社科学出版賞受賞

目次

  • 第1章 ネアンデルタール人は現生人類と交配したか
  • 第2章 ルイ十七世は生きていた?
  • 第3章 剥製やミイラのDNAを探る
  • 第4章 縄文人の起源
  • 第5章 ジュラシック・パークの夢
  • 第6章 分子の進化
  • 第7章 カンブリア紀の爆発
  • 第8章 化石タンパク質への挑戦

製品情報

製品名 化石の分子生物学――生命進化の謎を解く
著者名 著:更科 功
発売日 2012年07月18日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288166-1
通巻番号 2166
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:更科 功(サラシナ イサオ)

1961年生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。民間企業勤務を経て、東京大学大学院理学系研究科修了。理学博士。現在、東京大学大学院理学系研究科研究員。専門は分子古生物学。共訳書にサイモン・コンウェイ=モリス著『進化の運命』(講談社)がある。

オンライン書店で見る