マンガの遺伝子

講談社現代新書
マンガノイデンシ
  • 電子あり
マンガの遺伝子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

さらに深くマンガを楽しむ!
利き腕ではない左手で描かれたマンガ描写とは?/アシスタント経験が作風を決める!?/太宰治『人間失格』が、いま流行の「マンガ家マンガ」の源流?/『サイボーグ009』はなぜ9人?/野球マンガの魔球が料理マンガを生んだ?

名作、古典からギャグマンガ、マンガ家マンガまで、意外な系譜をあぶりだす入門書。

本書では、いくつかの「モノサシ」を当ててみたい。補助線と言い換えてもよい。モノサシの当て方、補助線の引き方によって、かけ離れて見える複数の作品はぐっと近づいて迫ってくるのではないか。たとえば、日本のマンガの中に「西遊記」というモノサシを当てた例をみてみよう。――<「マンガ――つながりとしての」より>

目次

  • 第一章 生活の中に「野球マンガ」が生まれる
  • 週刊誌時代と「スポーツマンガ」/「サンデー」と「マガジン」/「ジャンプ」「チャンピオン」が追う70~80年代/90~00年代,etc
  • 第二章 魔球は消える!
  • 暴投ではなく「魔球」/「熱血」と「スポーツマンガ」の起源/「スポ根」誕生/「熱血」の終焉,etc
  • 第三章 ギャグは突出する
  • 「ギャグマンガ」はいつ成立した?/トホホな回顧と男子の情けなさ/大河4コマ形式とリセット可能性/萌え方面/本当にあったマンガ家の話,etc
  • 第四章 速度の表象、アロマの輪舞
  • 戦後マンガはクルマから始まった!?/沈滞ムードに吼えた「狼」/『ペガサス』マンガを翔ける/ブームの爛熟、終焉/スピードから感情へ/浮遊物を自在に操る,etc
  • 第五章 少女誌と「青女」誌と青年誌
  •     ──たとえば「ヤンマガらしい」描線とは何か
  • コマの枠線から内側へと植物が入り込む/大友ブームの中心を担ってゆく「ヤングマガジン」/安野モヨコと魚喃キリコの好対照/「マンガ花」の取り戻し,etc
  • 第六章 ヒーローのゆくえ──少年は殺し屋になる
  • 身近なヒーロー・ヒロインたち/ブラック・ジャックにひとこと/少年マンガの「エクストリーム」/必殺のアウトローヒーロー,etc
  • 第七章 料理マンガは「魔球」がいっぱい!
  • 少年・少女マンガで同時に始まる/得意の活劇味でつくった『突撃ラーメン』/「おいしさ」を描く困難/バイオレンスマンガと『美味しんぼ』,etc
  • 第八章 サンプリングマンガのほうへ
  • 絵柄の掘り起こし/マンガ家でないものから/同じ絵──漫☆画太郎のほうへ/他人の絵──コラージュのほうへ/サンプリングのほうへ,etc
  • 第九章 マンガ家マンガは果てしない!
  • マンガ家マンガはいつから?/『漫画残酷物語』/左手で描くマンガ/『漫画残酷物語』と『まんが道』の対照/描かないマンガ家も存在する,etc

製品情報

製品名 マンガの遺伝子
著者名 著:斎藤 宣彦
発売日 2011年12月17日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288137-1
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:斎藤 宣彦(サイトウ ノブヒコ)

編集者、マンガ研究。
1995年、共著『マンガの読み方』発表。共・編著に『70年代マンガ大百科』『日本一のマンガを探せ!』(以上、宝島社)、『こんなマンガがあったのか!』『大長編マンガ全貌調査』(以上、メディアファクトリー)、『ニッポンのマンガ』(朝日新聞社)など多数。
2000年、ネット書店bk1創設に参加。編集長・取締役などを歴任。04年以降、マンガのエキスパートとして海外向け企画、大学での講義、マンガ誌の創刊、マンガ展の開催など、多方面で活躍中。

オンライン書店で見る