つながる読書術

講談社現代新書
ツナガルドクショジュツ
  • 電子あり
つながる読書術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

読書で得た知識を自分のネタに変換する方法とは? 
つまらない本を損切りするコツとは? 
なぜ今こそ読書会なのか? 
電子書籍で読書は変わるか? 
──プロフェッショナルが惜しまず明かす、本の読み方、伝え方の秘訣。

目次

  • 第一章──仕込みとしての読書術  選別力と読解力の基礎トレをする
  • 第二章──知的体力を鍛える読書術  おもしろい読書で、激しく脳を活動させる
  • 第三章──書いて深める読書術  読書で得た知識を「自分のネタ」に変換する
  • 第四章──話してつながる読書術  読書を介したネットワーキングを構築する
  • 第五章──電子書籍時代の読書術  電子書籍と紙媒体の共存共栄は当然
  • 付録──読まずに死ねない厳選一〇〇冊の本!

製品情報

製品名 つながる読書術
著者名 著:日垣 隆
発売日 2011年11月18日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288133-3
通巻番号 2133
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:日垣 隆(ヒガキ タカシ)

1958年、長野県に生まれる。東北大学法学部卒業後、販売、配送、書籍の編集、コピーライターを経て87年より作家・ジャーナリスト。著書には、『そして殺人者は野に放たれる』(新潮文庫、新潮ドキュメント賞受賞)、『世間のウソ』(新潮新書)、『ラクをしないと成果は出ない』(だいわ文庫)、『情報への作法』(講談社+α文庫)など多数。

オンライン書店で見る