未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ

講談社現代新書
ミゾウトソウテイガイヒガシニホンダイシンサイニマナブ
  • 電子あり
未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「未曾有」と「想定外」、二つの言葉に隠れてしまった本質的な問題とは? 3月11日から原発事故調査委員会・委員長に就任するまでに、失敗学の視点から考えた大津波と原発事故。311後の日本を考えるヒント。

目次

  • 第1章 津波と未曾有
  • 「未曾有」という言葉/「人は忘れる」という大原則がある/「失敗学」と「津波」/津波に「対抗」するのか「備える」のか/田老地区の二つの防潮堤/逃げなかった高齢者と逃げられなかった介護者/「情」と「職業倫理」が判断を狂わせる/信玄堤に見る「いなす」「すかす」思想/それでも人は海岸に住む/記憶を少しでもとどめるために  etc.
  • 第2章 原発と想定外
  • 「想定外」という言葉/「想定」について考える/「見たくないものは見えない」「聞きたくないことは聞こえない」/津波のデータも「見たくないものは見えない」/組織事故という考え方/絶対安全の虚構/事故調査についての考え方/忘れ去られた技術の系譜/地震国日本における想定/原発はなぜ必要だったのか/本質安全で設計できるか/リスクとベネフィット  etc.
  • 第3章 日本で生きるということ
  • 日本は北と西に分断されている/崩れを止める人々/満濃池以来のダム決壊について    思ったこと/「八ッ場ダム」「スーパー堤防」について考える/首都圏水没の可能性    /歴史は繰り返す、自然災害もまた/日本人を日本人たらしめてきたもの etc.

製品情報

製品名 未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ
著者名 著:畑村 洋太郎
発売日 2011年07月15日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-288117-3
通巻番号 2117
判型 新書
ページ数 200ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:畑村 洋太郎(ハタムラ ヨウタロウ)

(はたむら ようたろう)
1941年生まれ。東京大学工学部機械工学科修士課程修了。東京大学大学院工学系研究科教授、工学院大学グローバルエンジニアリング学部特別専任教授を歴任。東京大学名誉教授。工学博士。専門は失敗学、創造的設計論、知能化加工学、ナノ・マイクロ加工学。2001年より畑村創造工学研究所を主宰。2002年にNPO法人「失敗学会」、2007年に「危険学プロジェクト」を立ち上げる。日本航空安全アドバイザリーグループ委員、JR西日本安全有識者会議委員、リコールの原因調査・分析検討委員会委員長などを務め、2011年6月より東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会委員長。
著者に『失敗学のすすめ』『創造学のすすめ』『みる わかる 伝える』『危険不可視社会』(以上、講談社)、『直観でわかる数学』『技術の創造と設計』(以上、岩波書店)、『数に強くなる』(岩波新書)、『畑村式「わかる」技術』『回復力』(以上、講談社現代新書)など多数。

オンライン書店で見る