デフレと超円高

講談社現代新書
デフレトチョウエンダカ
デフレと超円高
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

緊急出版! 日本経済の危機と希望を問う!
若者の就職難、雇用の不安定、賃金の低下、社会保障制度は崩壊寸前、今の生活のままでいいのか。
ガバナンスと金融を考えることは日本の緊急の課題である。経済学の第一人者が提案する日本経済を救う秘策とは!

【目次】
第一章  円高はなぜ起きるのか
第二章  デフレは円高を生む
第三章  デフレと円高はなぜ悪いのか
第四章  構造デフレ説の誤謬
第五章  デフレは貨幣的現象である
第六章  日銀の金融政策の目的は「デフレの安定化」
第七章  インフレ目標でデフレも円高も止められる

目次

  • 第一章 円高はなぜ起きるのか
  • 第二章 デフレは円高を生む
  • 第三章 デフレと円高はなぜ悪いのか
  • 第四章 構造デフレ説の誤謬
  • 第五章 デフレは貨幣的現象である。
  • 第六章 日銀の金融政策の目的は「デフレの安定化」
  • 第七章 インフレ目標でデフレも円高も止められる

製品情報

製品名 デフレと超円高
著者名 著:岩田 規久男
発売日 2011年02月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288091-6
通巻番号 2091
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:岩田 規久男(イワタ キクオ)

1942年、大阪府に生まれる。1966年、東京大学経済学部卒業。1973年、同大学大学院博士課程修了。1983年、上智大学教授。1998年、学習院大学経済学部教授。この間1976年から1978年までカリフォルニア大学バークレー校において客員研究員を務める。専門は金融・都市経済学。
主な著書に『金融入門 新版』『国際金融入門 新版』(岩波新書)、『経済学を学ぶ』『日本経済を学ぶ』『世界同時不況』(ちくま新書)、『景気ってなんだろう』(ちくまプリマー新書)、『経済学的思考のすすめ』(筑摩選書)、『インフレとデフレ』『日本銀行は信用できるか』(講談社現代新書)などがある。