言葉と脳と心 失語症とは何か

講談社現代新書
コトバトノウトココロシツゴショウトハナニカ
  • 電子あり
言葉と脳と心 失語症とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

40年以上、さまざまな患者さんに接し、研究に携わるなかで、著者は、「人の<思い>が、どのように心の中で<像>をつくり、<音>と結びつき、<ことば>になり、発せられるのか」ということの追究も重要ではないか、と考えるようになりました。そのような考えを、経験を通してわかりやすくまとめたのが、本書です。「ことば」に関心を持つあらゆる方に読んでいただければ幸いです。


著者は、日本の失語症研究を1970年代から率いてきた第一人者です。
失語症による言語障害といっても、人によって実にさまざまな症状の表れ方があります。また、「この症状の場合は脳のここの部位が損傷をきたしている」ということまではおおよそわかっても、「では、なぜ、その損傷が言語機能に影響するのか?」ということについては、いまだ曖昧なままです。
40年以上、さまざまな患者さんに接し、研究に携わるなかで、著者は、「人の<思い>が、どのように心の中で<像>をつくり、<音>と結びつき、<ことば>になり、発せられるのか」ということの追究も重要ではないか、と考えるようになりました。そのような考えを、経験を通してわかりやすくまとめたのが、本書です。
「ことば」に関心を持つあらゆる方に読んでいただければ幸いです。

【目次】
プロローグ――失語症を通して言葉を考える
第1章 名前がわからなくなるふしぎ――健忘失語
第2章 発話できなくなるふしぎ――ブローカ失語
第3章 聞いた言葉が理解できなくなるふしぎ――ウェルニッケ失語
第4章 言い間違いのふしぎ――伝導失語
第5章 脳の右半球と左半球のふしぎ――空回りする言葉
エピローグ――言葉と心の問題を考えてきて

目次

  • プロローグ――失語症を通して言葉を考える
  • 第1章 名前がわからなくなるふしぎ――健忘失語
  • 第2章 発話できなくなるふしぎ――ブローカ失語
  • 第3章 聞いた言葉が理解できなくなるふしぎ――ウェルニッケ失語
  • 第4章 言い間違いのふしぎ――伝導失語
  • 第5章 脳の右半球と左半球のふしぎ――空回りする言葉
  • エピローグ――言葉と心の問題を考えてきて

製品情報

製品名 言葉と脳と心 失語症とは何か
著者名 著:山鳥 重
発売日 2011年01月18日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288085-5
通巻番号 2085
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る