はじめてのポルトガル語

講談社現代新書
ハジメテノポルトガルゴ
  • 電子あり
はじめてのポルトガル語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

初歩の初歩から会話まで。ポルトガル語への第1歩! ポルトガル語はどんなことば/ポルトガルとブラジルの単語の違い/ロナウド? ホナウド? ロナルド?/旅先で便利なフレーズ/いいたいことをいうための基本/肯定文、疑問文、否定文/これは、誰の車?/風邪を引いて会社にいけない/未来を表すir/命令形の表現/7つの不規則変化/便利なつなぎ言葉/「小さな昼食」と「朝のコーヒー」……


実際にコミュニケーションをとるために必要な単語・文法を体系だてて解説。
実践的な日常会話、丁寧な発音指導に、国や地域による発音・文法の違いを歴史・文化などもまじえて面白く紹介。
ポルトガル語入門書の決定版!

目次

  • 第1章 ポルトガル語単語への接近
  • 第2章 コミュニケーションの第1歩
  • 第3章 変化する名詞・形容詞
  • 第4章 動詞の現在形
  • 第5章 動詞の過去形など
  • 第6章 関係詞など
  • 第7章 ポルトガル語の音色

製品情報

製品名 はじめてのポルトガル語
著者名 著:浜岡 究
発売日 2010年12月17日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288081-7
通巻番号 2081
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:浜岡 究(ハマオカ キワム)

拓殖大学言語文化研究所講師。
専攻は、大西洋周辺域研究を軸とした歴史・文学・語学。
著書は『あいさつはボンジーア!なんとかなりそうブラジル・ポルトガル語』(三修社)ほか多数。訳書に『アソーレスの黒い火山島』(彩流社)ほか。

オンライン書店で見る