日本のルールは間違いだらけ

講談社現代新書
ニッポンノルールハマチガイダラケ
  • 電子あり
日本のルールは間違いだらけ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

実は世の中こんなにいい加減!
幽霊文字まであるJIS漢字に、人を 殺 す交通ルール。クルクル代わる「猥褻」基準や不条理な選挙……。日本社会にはび こ るおかしなルールを徹底解明。

目次

  • はじめに
  • 第一章 日本語のルールはこんなにおかしい
  •  「筆順」をテストされるケータイ絵文字世代
  •  ローマ字が書けますか?
  •  ローマ字綴りの種類と歴史
  •  OHNOかONOか? 「大野」家の家族会議
  •  クイズ 常用漢字はどれ?
  •  糞太郎という名前
  •  「掴」という字は誰が作ったのか
  •  JIS漢字の1%は「存在しない」文字
  •  「つちよし」の無念・「はしごだか」の反乱
  •  失われた年金にも絡んでいた「コードのバグ」
  • 第二章 交通ルールのバグで殺される
  •  信号機に殺される
  •  「左側通行」ルールで日本はどれだけ損をしたか
  •  左ハンドル車崇拝という恥ずかしい歴史
  •  日本では危険な左ハンドル車
  •  自分の通勤電車の軌道幅を知っていますか?
  •  福知山線事故は大隈重信の責任?
  •  上越新幹線脱線事故は「賞賛されるべき」事故だった
  • 第三章 性風俗は曖昧ルールの九龍城
  •  「風俗」って何?
  •  あるトルコ人青年の主張
  •  店舗型風俗店が消滅すれば重大犯罪が増える
  •  裸の革命戦士・〓口可南子
  •  「猥褻」を司法が判断する愚
  •  殺人に使われた包丁を作った職人は罰せられるか?
  •  Winnyは本当に「悪魔のソフト」なのか?
  • 第四章 法律はお上のご都合次第
  •  メーカーの製品開発力を殺す酒税法
  •  消費税内税表示義務化の闇
  •  「電気用品安全法」という名の大量破壊兵器
  •  成敗されたPSE法
  • 第五章 公職選挙法という不条理
  •  2009年の衆院選挙で民主は本当に「圧勝」したのか?
  •  「重複立候補」をめぐる矛盾だらけのドラマ
  •  自民党大物議員たちを救った日本共産党
  •  選挙をやる前から当選している人、落選している人
  •  自・公政権は本当なら2003年に終わっていた
  •  幸福実現党12億円、共産党6億円の供託金没収
  •  共産党候補に出てもらわないと困る自公連合
  •  参院選比例区におけるタレント候補の役割
  •  ネット上での言動を禁止される政治家たち
  •  あなたの1票は本当に「1票」の価値を持っているか?
  • あとがきにかえて──裁判員制度は無理である

製品情報

製品名 日本のルールは間違いだらけ
著者名 著:たくき よしみつ
発売日 2009年10月17日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288017-6
通巻番号 2017
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る