入門 哲学としての仏教

講談社現代新書
ニュウモンテツガクトシテノブッキョウ
  • 電子あり
入門 哲学としての仏教
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

仏教とはこんなにモダンな思想だったのか! 実体を否定する縁起と無我。意識下の世界を究明する唯識思想──。 現代哲学を先取りした思想の本質を、第一人者が解き明かす入門書。

目次

  • 序章 仏教はとても斬新な哲学である
  • 第1章 存在について――本体なき現象の生成
  • 第2章 言語について――その解体と創造
  • 第3章 心について――深層心理の奥にあるもの
  • 第4章 自然について――自己と環境の哲学
  • 第5章 絶対者について――絶対無の宗教哲学
  • 第6章 関係について――その無限構造の論理
  • 第7章 時間について――絶対現在の時間論
  • 結章 「哲学としての仏教」への一視点

製品情報

製品名 入門 哲学としての仏教
著者名 著:竹村 牧男
発売日 2009年04月17日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-287988-0
通巻番号 1988
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る