排除の空気に唾を吐け

講談社現代新書
ハイジョノクウキニツバヲハケ
  • 電子あり
排除の空気に唾を吐け
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

急速に進む「派遣切り」、餓死、無差別殺人など、事件・犯罪の背後に潜む「社会の病」は深刻化している。 しかし、社会的弱者の連帯の絆は強まりつつある。日本中の悩める人よ、孤立するな!

目次

  • 第1章 「秋葉原無差別殺人事件」と派遣労働
  • 第2章 16分に1人が自殺。「自分自身からの排除」の背景
  • 第3章 メンへラーの逆襲!――90年代「アダルトチルドレン現象」と、21世紀の「生存運動」
  • 第4章 制度の貧困に利用される「家族」――北九州・餓死事件から見えてくるもの
  • 第5章 私と同い年の死刑囚・造田博――90年代の永山則夫
  • 第6章 子どもを餓死させた母と、自らが餓死した母
  • 第7章 急速に進む「派遣切り」――「所持金ゼロ円」で逮捕される「難民」たち
  • 第8章 民営化された戦争――イラクで「料理人」として働いた安田純平さん

製品情報

製品名 排除の空気に唾を吐け
著者名 著:雨宮 処凛
発売日 2009年03月20日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-287983-5
通巻番号 1983
判型 新書
ページ数 200ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る