思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本

講談社現代新書
シコウテイシシャカイジュンシュニムシバマレルニッポン
  • 電子あり
思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2007年1月、『「法令遵守」が日本を滅ぼす』で、社会や経済の実態と乖離した法令の「遵守」による弊害に警鐘を鳴らし、大きな話題を呼んだ著者による待望の新書第2弾。
あれから2年、日本社会の状況は一層深刻化、「遵守」がもたらす「思考停止」の弊害がさらに拡大。「法令違反」だけではなく、「偽装」「隠蔽」「捏造」「改ざん」などのレッテルを貼られると、一切の弁解・反論が許されず、実態の検証もないまま、強烈なバッシングが始まる。

○消費期限切れ原料使用を作為的に隠蔽しようとしたわけでもないのに、「隠蔽」と決めつけられ、存亡の危機に立たされた不二家
○健康被害とはまったく無関係なレベルのシアン化合物の食品製造用水への混入を公表させられ、大量の商品の自主回収に追い込まれた伊藤ハム
○「耐震偽装」を叩くことに関心が集中、偽装の再発防止のための建築基準法改正で住宅着工がストップ、深刻な不況に見舞われた建築業界
○刑事司法を崩壊させかねない大問題を抱えているのに、誰も止められない裁判員制度
○経済司法の貧困により、秩序の悪化に歯止めのかからない市場経済
○何を意味するのか不明確なまま「年金記録の改ざん」バッシングがエスカレート、厚労大臣にまで「組織ぐるみで改ざん」と決めつけられた社会保険庁

調査委員会などで多くの「不祥事」に関わった著者が、問題の本質に斬り込み、「遵守」による「思考停止」で生じている誤解の中身を明らかにします。その上で、思考停止から脱却して「真の法治社会」を作るための方策を示します。
是非ご一読ください。

目次

  • 第1章 食の「偽装」「隠蔽」に見る思考停止
  • 第2章 「強度偽装」「データ捏造」をめぐる思考停止
  • 第3章 市場経済の混乱を招く経済司法の思考停止
  • 第4章 司法への市民参加をめぐる思考停止
  • 第5章 厚生年金記録の「改ざん」問題をめぐる思考停止
  • 第6章 思考停止するマスメディア
  • 第7章 「遵守」はなぜ思考停止につながるのか
  • 終章 思考停止から脱却して真の法治社会を

製品情報

製品名 思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本
著者名 著:郷原 信郎
発売日 2009年02月19日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-287978-1
通巻番号 1978
判型 新書
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る