遠山金四郎

講談社現代新書
トオヤマキンシロウ
  • 電子あり
遠山金四郎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「遠山の金さん」の知られざる実像に迫る! 大岡忠相以来の裁判上手と謳われた遠山金四郎景元。町与力が明かした彼の入れ墨とは? 隠居生活の実態とは? 金さんと父景晋の日常生活から江戸社会を読み解く。(講談社現代新書)


金さんを悩ませた持病とは? 入れ墨を彫っていたのか? 名外交官であった父との親子関係は? 遠山裁きの現実は? 知られざる史料から名奉行とその一家の日常生活を描きだす一冊。

目次

  • 序章 2人の“金さん”
  • 第1章 監察官遠山景晋
  •  1.学問首席から大抜擢
  •  2.蝦夷地・対馬への渡航
  • 第2章 複雑な親子関係
  •  1.実子と養子
  •  2.若き日の景元
  • 第3章 裁判官遠山景元
  •  1.裁判上手の町奉行
  •  2.町奉行再任
  • 第4章 晩年の“金さん”
  •  1.日常生活
  •  2.隠居生活
  • 終章 “金さん”の名声

製品情報

製品名 遠山金四郎
著者名 著:岡崎 寛徳
発売日 2008年12月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-287974-3
通巻番号 1974
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る