早稲田と慶応-名門私大の栄光と影

講談社現代新書
ワセダトケイオウ
  • 電子あり
早稲田と慶応-名門私大の栄光と影
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私大の両雄躍進の秘密とその課題を徹底解剖。階層固定化社会の象徴としての慶應。拡大化を図る早稲田。戦前、帝大の後塵を拝していた両校がなぜ成功を収めたのか。格差社会論の権威が解く、名門私大の経済学。(講談社現代新書)


なぜ早慶出身の首相が増えたのか? 卒業生が実業界で活躍する理由とは? 国立大の後塵を拝していた両校はなぜ躍進したのか? 一貫教育、人材力、研究水準など名門私大を徹底解剖。

目次

  • 第1章 早稲田と慶応はなぜ伸びたか
  • 第2章 2人の創設者――福沢諭吉と大隈重信
  • 第3章 慶応と階層固定化社会
  • 第4章 早稲田とマスプロ教育
  • 第5章 大学の生きる道

製品情報

製品名 早稲田と慶応-名門私大の栄光と影
著者名 著:橘木 俊詔
発売日 2008年09月19日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-287958-3
通巻番号 1958
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る