落語の国からのぞいてみれば

講談社現代新書
ラクゴノクニカラノゾイテミレバ
  • 電子あり
落語の国からのぞいてみれば
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時間の感覚、死生観、恋愛と結婚、酒……今の暮らしは、どこかヘン!? 江戸を向いて歩こう! 恋愛こそすべてという圧力、名前に対する過剰な思い入れ、死んだらおしまいと言えないムード……どこか息苦しくないか? 落語のなかに生きる人々の姿から、近代人のおかしさを撃つ! (講談社現代新書)


恋愛こそすべてという圧力、名前に対する過剰な思い入れ、死んだらおしまいと言えないムード…… どこか息苦しくないか? 落語のなかに生きる人々の姿から、近代人のおかしさを撃つ!

目次

  • 第1章 数え年のほうがわかりやすい
  • 第2章 昼と夜とで時間はちがう
  • 第3章 死んだやつのことは忘れる
  • 第4章 名前は個人のものではない
  • 第5章 ゼニとカネは別のものである
  • 第6章 50両で人は死ぬ
  • 第7章 みんな走るように歩いてる
  • 第8章 歩くときに手を振るな
  • 第9章 生け贄が共同体を守る
  • 第10章 相撲は巨大人の見世物
  • 第11章 見世物は異界の入り口
  • 第12章 早く結婚しないといけない
  • 第13章 恋愛は趣味でしかない
  • 第14章 左利きのサムライはいない
  • 第15章 30日には月は出ない
  • 第16章 冷や酒はカラダに悪い

製品情報

製品名 落語の国からのぞいてみれば
著者名 著:堀井 憲一郎
発売日 2008年06月19日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-287947-7
通巻番号 1947
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る