プロ野球の一流たち

講談社現代新書
プロヤキュウノイチリュウタチ
  • 電子あり
プロ野球の一流たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

野村克也の配球学、工藤公康のバッテリー論、中西太の強打者育成術――。山崎武司打撃開眼の理由とは? 新井貴浩はアニキを超えられるか? 松坂大輔永遠の課題とは? 中西太が語る打者育成術、野村克也の配球術──。人気著者が探る日本プロ野球の真髄! (講談社現代新書)


山崎武司打撃開眼の理由とは? 新井貴浩はアニキを超えられるか? 松坂大輔永遠の課題とは? 中西太が語る打者育成術、野村克也の配球術──。人気著者が探る日本プロ野球の真髄!

はじめに
第1章 監督の極意、投打の奥義
野村克也の「配球学」/中西太「育てる打撃論」/稲尾和久に捧ぐ――中西太インタビュー/大野豊のピッチング論
第2章 名選手たちの技術と陥穽
松坂大輔論――東尾修インタビュー/清原和博は強打者か/土井正博「名伯楽のインコース論」/新井貴浩は「アニキ」を越えられるか/渡辺俊介、サブマリンの極意/山崎武司のホームラン人生/工藤公康「バッテリーとは何か」/古田敦也「日本野球のために」
第3章 日米の野球格差を問う
松坂大輔ポスティング移籍を考える/野球超大国アメリカの品格/バリー・ボンズと薬物問題/日米野球格差の本質――団野村の警告
第4章 日本野球を脱構築せよ
裏金問題と日本球界の体質/特待生問題と高野連/独立リーグという可能性

目次

  • はじめに
  • 第1章 監督の極意、投打の奥義
  •  1 野村克也の「配球学」
  •   開幕戦で最強・巨人を葬った理由/内角球の意味/弱者の戦略
  •  2 中西太「育てる打撃論」
  •   若松勉と内転筋/アウトローの葉っぱを打て/フォー・アイズと「何苦楚」
  •  3 稲尾和久に捧ぐ──中西太インタビュー
  •   「練習のマウンドが宝の山に」/「長嶋は何も考えてなかった」/三原監督一六年目の謝罪/風雲に乗って
  •  4 大野豊のピッチング論
  •   江夏豊に導かれて/松井秀喜、立浪和義、落合博満……
  • 第2章 名選手たちの技術と陥穽
  •  1 松坂大

製品情報

製品名 プロ野球の一流たち
著者名 著:二宮 清純
発売日 2008年05月16日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-287941-5
通巻番号 1941
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 『本』(講談社)に連載された「新日本野球紀行」を元に再構成し、大幅な加筆訂正を加えたもの。

オンライン書店で見る