裁判員制度の正体

講談社現代新書
サイバンインセイドノショウタイ
  • 電子あり
裁判員制度の正体
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

手抜き審理の横行、裁判員に及ぶ迷惑など、問題山積の新制度が日本の司法を、国民の生活を滅ぼす!長らく判事を務めた大学教授が「現代の赤紙」から逃れる方法を伝授し、警鐘を鳴らす1冊。


手抜き審理の横行、裁判員に及ぶ迷惑など、問題山積の新制度が日本の司法を、国民の生活を滅ぼす!
元判事の大学教授が「現代の赤紙」から逃れる方法を伝授し、警鐘を鳴らす1冊。

●国民の過半数は不要論
●違憲のデパートというべき制度
●手抜き審理が横行する
●真相の追求が図られなくなる
●巨額の税金がかかる
●犯罪被害者の心の傷
●裁判員候補者にプライバシーはない
●会社を休んでも本当に給与は出るのか
●国のために奉仕すべしという思想

目次

  • 第1章 裁判員制度とはどのようなものか
  • 第2章 裁判員制度はどのようにしてできたのか
  • 第3章 無用な制度――誰も求めていないのに
  • 第4章 違法な制度――憲法軽視の恐怖
  • 第5章 粗雑な制度――粗雑司法の発想
  • 第6章 不安な制度――真相究明は不可能に
  • 第7章 過酷な制度――犯罪被害者へのダブルパンチ
  • 第8章 迷惑な制度――裁判員になるとこんな目に遭う!
  • 第9章 この「現代の赤紙」から逃れるには――国民の立場から
  • 終章  いま、本当に考えるべきこと

製品情報

製品名 裁判員制度の正体
著者名 著:西野 喜一
発売日 2007年08月18日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-287903-3
通巻番号 1903
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る