虚空に響く鎮魂歌 Homicide Collection

講談社X文庫ホワイトハート
コクウニヒビクレクイエムホミサイドコレクション
  • 電子あり
虚空に響く鎮魂歌 Homicide Collection
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京都にある孤島で、不審死体が発見された。現地へ派遣された瑞希は、心霊特番のため島を訪れていたテレビクルーから事情聴取する。死体となったのは番組を企画した男性で、島の出身者だった。この島は霊能力者が「霊が多すぎる」というほどの心霊スポットだという。奥多摩で発見された人間の足と孤島の事件の関連は? 瑞祥コンビに力を貸す桃里馨とは何者なのか?


最高の相棒(バディ)・瑞希と千祥、孤島の事件に挑む
シリーズ・ラストミッション!

奥多摩で発見された人骨の一部。絶海の孤島で起こったテレビクルーの死。ふたつの事件を結ぶのは、島に伝わる死者を蘇らせるという祭事なのか……?
警視庁捜査一課強行犯捜査係第十一班、通称「グループ・イレブン」に所属し、高い検挙率を誇る熱血刑事・神原瑞希(このはらみずき)と東大法学部を首席で卒業した美貌のノンキャリア・御堂千祥(みどうせんしょう)。最良の相棒同士である二人が辿りつく真相とは?

目次

  • 序章
  • 第一章 ありえない殺人
  • 第二章 絶海の孤島
  • 第三章 繋がらないはずの電話
  • 第四章 そるであん祭り
  • 第五章 死者が導く大団円
  • 終章
  •  あとがき

製品情報

製品名 虚空に響く鎮魂歌 Homicide Collection
著者名 著:篠原 美季 絵:加藤 知子
発売日 2014年02月04日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-286806-8
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る