トリニティ ~名も無き者への讃歌~ 欧州妖異譚8

講談社X文庫ホワイトハート
トリニティナモナキモノヘノサンカオウシュウヨウイタン
  • 電子あり
トリニティ ~名も無き者への讃歌~ 欧州妖異譚8
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ローマ郊外の地下遺跡発掘現場で発見された鉛の板。その板に刻まれた文字を読んでから、ダルトンの友人・アンソニーは心身を病んでしまう。アンソニーは鉛の板に刻まれた呪詛によって呪われたというのだが……。ダルトンに頼まれたユウリは、アシュレイの知識を頼り、三人はローマを訪れるのだった。


ダルトンの友人を助けたい――。
ローマ地下遺跡に秘められた謎とは?

ローマ郊外の地下遺跡調査現場で発掘された鉛の板。そこに刻まれた文字を読んでから、ダルトンの旧友・アンソニーは原因不明の不調で心身を病み「自分は呪われた」と繰り返し訴えるのだった……。
一方、時を同じくして聖天使城(サンタンジェロ)からイタリア人女性も姿を消した。ふたつの事件に、関連はあるのか?
ユウリは、密儀宗教などに詳しいアシュレイを頼り、ダルトンを含む三人でローマへと向かうのだった。

目次

  • 序章
  • 第一章 予定不調和
  • 第二章 思いがけない凶報
  • 第三章 いにしえの都、ローマ
  • 第四章 夜の女王
  • 終章
  • あとがき

製品情報

製品名 トリニティ ~名も無き者への讃歌~ 欧州妖異譚8
著者名 著:篠原 美季 絵:かわい 千草
発売日 2013年09月04日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-286785-6
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る