この手の中の儚きもの 幻獣降臨譚短編集

講談社X文庫ホワイトハート
コノテノナカノハカナキモノゲンジュウコウリンタンタンペンシュウ
  • 電子あり
この手の中の儚きもの 幻獣降臨譚短編集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

オールスター総出演!「こんなエピソードが隠されていたの?」という驚きが詰まった短編集。春陽家での豪奢だが退屈な日々に、オレリーが思いついた暇つぶしとは?(『アリアのお料理教室』)騎士団の仲間にとんでもないことを頼まれ、ライルは頭を抱える。(『王立騎士のひそかな楽しみ』)陶工ゲイドが春陽家の大貴族に連れていかれたのは王都いちばんの『聖女の館』だった。(『この手の中の儚きもの』)他6編収録。


オールスター総出演
えっ!?「こんなエピソードが隠されていたの?」という驚きが詰まった垂涎の短編集。

春陽家での豪奢だが退屈な日々に、オレリーが思いついた暇つぶしとは?(『アリアのお料理教室』)騎士団の仲間にとんでもないことを頼まれ、頭を抱えたライルは……。(『王立騎士のひそかな楽しみ』)陶工ゲイドが春陽家の大貴族に連れていかれたのは王都いちばんの『聖女の館』だった。(『この手の中の儚きもの』)――他6編収録。本編とは違うエピソードがぎゅっと詰まった短編集。

目次

  • 『雪のように真白き 新しき年に』
  • 『この手に光を』
  • 『いけ好かない男──イヴリーダ・十二歳──』
  • 『マルチェのささやかな幸福』
  • 『王都の騎士のひそかな楽しみ』
  • 『鏡の中の』
  • 『アリアのお料理教室』
  • 『この手の中の儚きもの』
  • 『恋は 戦い』
  • あとがき

製品情報

製品名 この手の中の儚きもの 幻獣降臨譚短編集
著者名 著:本宮 ことは 絵:池上 紗京
発売日 2008年03月05日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-286519-7
判型 A6
ページ数 260ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る