パティシエ☆すばる はじまりのいちごケーキ

青い鳥文庫
パティシエスバルハジマリノイチゴケーキ
  • 電子あり
パティシエ☆すばる はじまりのいちごケーキ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今回は、「中日こどもウイークリー」「宮日こども新聞」に25回にわたり連載されたおはなしと、書き下ろしをカップリングした豪華な2本立て。 

第一話 「はじまりのいちごケーキ」(中日こどもウイークリー、宮日こども新聞連載に加筆)

記念日のケーキ屋さん「お菓子のアトリエ マダム・クロエ」で修行する、パティシエ見習いの、すばる、カノン、渚。
ある日、「スイーツ・フェア」に出かけた3人。すばるの不注意で隣のテーブルにぶつかってしまいます。その席にすわっていたすてきなおばあさんは、自分の記念日にふさわしいケーキを探していたのでした・・・・・・。ほんとうに心がこもったケーキはどんなケーキなのか、すばるたちは学びます。

第二話「女王様のプディング」
クロエ先生が伝説の洋菓子店「銀座プラネット」を閉めて、すばるたちの町にやってきたのはなぜなのか、どうしても知りたいすばるたち。クロエ先生のパティシエの歴史がついにあきらかに!?

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

目次

  • はじまりのいちごケーキ
  • 1 記念日のケーキ屋さんのお仕事
  • 2 「味の組み立て」の勉強スタート!
  • 3 ホイップクリームは手ごわいぞ
  • 4 勉強のまとめが『つまらないもの』作りって!?
  • 5 ケーキ作りでいちばん大切なこと
  • 6 すばる、女子大生になる!?
  • 7 スイーツ・フェアで出会ったおばあさん
  • 8 いちごのケーキは大問題!?
  • 9 おばあさんの正体
  • レシピ(1) かぼちゃのプリン
  • 女王さまのプティング
  • 1 すばる、マジメに考える
  • 2 パパが語るクロエ先生
  • 3 ますます深まるクロエ先生の謎
  • 4 教えて、クロエ先生
  • 5 クロエ先生、『銀座プラネット』について語る
  • 6 わすれられない一日
  • 7 大切な思い出のケーキを作ろう
  • 8 『終わり』と『はじまり』について
  • レシピ(2) 女王さまのプティング
  • あとがき

製品情報

製品名 パティシエ☆すばる はじまりのいちごケーキ
著者名 著:つくも ようこ 絵:烏羽 雨
発売日 2016年06月09日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285561-7
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 「はじまりのいちごケーキ」は、「中日こどもウイークリー」「宮日こども新聞」に2015年10月~2016年4月の期間、連載されたおはなしを再構成したものです。

著者紹介

著:つくも ようこ(ツクモ ヨウコ)

児童書作家。京都市在住。手がけた本に、「魔女館」シリーズ(全6巻 CLAMP/絵)、「パティシエ☆すばる」シリーズ(刊行中 烏羽雨/絵)ほか(ともに講談社青い鳥文庫)。

絵:烏羽 雨(カラスバ アメ)

イラストレーター。雑誌や本の装丁などで活躍中。挿し絵を手がけた児童書に、『オズの魔法使い ドロシーとトトの大冒険』『サウンド・オブ・ミュージック トラップ一家の物語』(ともに講談社青い鳥文庫)ほか。

おすすめの本

オンライン書店で見る