大草原の小さな家シリーズ 大草原の小さな家 (新装版)

青い鳥文庫
ダイソウゲンノチイサナイエシンソウバンダイソウゲンノチイサナイエシリーズ
大草原の小さな家シリーズ 大草原の小さな家 (新装版)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

NHKテレビシリーズによって、日本でも認知度を高めた人気名作が、青い鳥文庫新装版として8月に刊行、続く第2弾の登場です。今から150年以上も前、南北戦争が終わりを告げたアメリカで、新しい生活への期待に充ち満ちていた人々が未開の大地を目指して移住していく中、ウィスコンシン州の大きな森に小さな家を建てて暮らし始めたローラたちインガルス一家は、その後多くの人間が森に移り住んできたことで、それまで保たれていた自然との一体感が薄れてしまい、さらなる新しい天地を求めて西部の大草原へ旅立つことを決意します。しかし、馬車に乗っての旅は何十日にもわたり、ようやく辿り着いた大草原でも一家を次々とアクシデントが見舞います。それでも家族の誰一人としてくじけることなく力を合わせて毎日を生き抜いていくのです。どんな過酷な状況のもとでも好奇心を失わない少女の成長と、日々絆を強く結んでいく家族の姿が時代を超えて感動を呼ぶ名作シリーズ。

目次

  • 1西にむかって
  • 2クリークをわたる
  • 3大草原高地でのキャンプ
  • 4大草原での一日
  • 5大草原の家
  • 6ひっこし
  • 7狼のむれ
  • 8がんじょうなとびら
  • 9だんろの火
  • 10屋根と床
  • 11インディアンが家に
  • 12おいしいのみ水
  • 13テキサスのロングホーン
  • 14インディアンのキャンプ
  • 15おこり熱
  • 16えんとつの火事
  • 17父さん、町へいく
  • 18背の高いインディアン
  • 19エドワーズさん、サンタクロースに会う
  • 20真夜中のさけび声
  • 21インディアンの大宴会
  • 22大草原の火事
  • 23インディアンのときの声
  • 24インディアンが去っていく
  • 25兵隊がくる?
  • 26出発
  • 解説 アメリカの西部とインディアン

製品情報

製品名 大草原の小さな家シリーズ 大草原の小さな家 (新装版)
著者名 著:ローラ.インガルス・ワイルダー 訳:こだま ともこ 訳:渡辺 南都子 絵:丹地 陽子
発売日 2012年11月10日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-285315-6
判型 新書
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

著:ローラ.インガルス・ワイルダー(ローラ.インガルス・ワイルダー)

1867年、アメリカのウィスコンシン州に生まれる。自身の生い立ちをもとに、西部開拓時代の大自然と人々の暮らしを描いた「小さな家」シリーズ全9冊を著した。1957年、90歳で死去。

訳:こだま ともこ(コダマ トモコ)

早稲田大学卒業後、雑誌の編集に携わった後、児童図書の翻訳と創作を始める。創作に『三じのおちゃにきてください』、翻訳に『うさぎさんてつだってほしい』など。

訳:渡辺 南都子(ワタナベ ナツコ)

東京学芸大学卒業後、出版者に勤務の後、フリーの編集業務と、翻訳の仕事に携わるようになる。主な訳書に『氷の覇者』他の三部作、『鳥が、また歌う日』など。

絵:丹地 陽子(タンジ ヨウコ)

東京芸術大学美術学部卒業。『別冊文藝春秋』表紙イラストをはじめ、書籍、雑誌の挿絵で活躍中。児童書の挿絵に「サッカーボーイズ」シリーズ、『白い月の丘で』、「マジックアウト」シリーズなどがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス