ササッとわかる「SAD 社会不安障害」 あがり症の治し方

ササットワカルエスエイディーシャカイフアンショウガイアガリショウノナオシカタ
ササッとわかる「SAD 社会不安障害」 あがり症の治し方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

性格や気の持ちようだと諦めがちな「あがり症」は治療可能な病気だった!
基礎知識から治療法、日常生活の工夫までわかりやすく解説!

目次

  • 第1章 その症状「社会不安障害(SAD)」かも?
  •  「あがり症」は治療ができる「病気」だった
  •  社会不安障害(SAD)は「性格」や「個性」という「誤解」
  •  人前で発表するのが怖い(スピーチ恐怖)
  •  人と接するのが不安(対人緊張)
  •  緊張で顔が赤くなる、汗をかく(赤面恐怖・発汗恐怖)
  •  手が震えて文字が書けない(書痙)
  • 第2章 SADのメカニズムと治療の方法
  •  SADになりやすい人とは?
  •  「頭の中が真っ白になる」のは脳の一部の血流が低下するから?!
  •  SADの人は「セロトニン」量が低下している
  •  治療の柱は「薬の服用」と「認知行動療法」
  •  気になる「薬の副作用」とその対処
  • 第3章 日常生活の工夫で症状を軽減しよう
  •  人間が持っている「生体リズム」とセロトニン
  •  睡眠不足は「緊張状態」を作りだしやすい
  •  脳を活性化させるための生活術
  •  セロトニンのもととなる「L-トリプトファン」がとれる食品
  •  SADを治せば今とは違う人生が開ける

製品情報

製品名 ササッとわかる「SAD 社会不安障害」 あがり症の治し方
著者名 著:木村 昌幹
発売日 2012年08月28日
価格 定価 : 本体952円(税別)
ISBN 978-4-06-284731-5
判型 四六変型
ページ数 112ページ
シリーズ 図解 大安心シリーズ

著者紹介

著:木村 昌幹(キムラ マサミキ)

アイさくらクリニック院長。1962年生まれ。川崎医科大学卒業後、同大学付属病院診療科に勤務。その後、福岡県の天神に心療内科・内科・アレルギー科のクリニックを開業し、現職。
医学的に認知の低かった当時より、SAD(社会不安障害)の治療に携わり、丁寧な説明やメール相談が評判を呼び、全国の患者から相談が寄せられている。著書に、『あがり症はなぜ治せるようになったのか』(現代書林)がある。