よくばり学園

ヨクバリガクエン
よくばり学園
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アンデルセン賞受賞作家による悪い大人をこらしめる痛快学園ドラマ。天真爛漫な少年プリモはお金と競争大好き学園に入学する。プリモは人を「信じる」ことで、少しずつ周囲の子どもから大人までかえていく。

拝金主義の校長先生、人を信じられない副校長先生、自分勝手な経済理論しか教えない悪魔先生、
そして、その自分勝手主義に毒されたクラスメイトたち……、プリモのまわりはヘンな人だらけ!
プリモは、「人を助けること」「助け合うこと」の素晴らしさ、面白さを説いて、
少しずつみんなが変わっていく。学園全体に”革命”がおこるが、一人だけ変わることができない男がいた。
ユーモアたっぷりに、現代社会の金儲け主義とエゴイズムを風刺した楽しい物語。

著者は『Il bambino di vetro』 (ガラスの少年)で2012年9-12歳カテゴリーでアンデルセン賞を受賞。2014年にアンデルセン賞ベスト作家賞を受賞。『よくばり学園』でイタリアの児童文学賞、ストレーガ賞児童書部門ノミネート。

目次

  • 第1章  幸せな夫婦
  • 第2章  いいアイディア
  • 第3章  跡継ぎ
  • 第4章  ママとお仕事
  • 第5章  パパとお仕事
  • 第6章  ミスター・ジョンソンとアイスクリーム
  • 第7章 許してもらうためのプレゼント
  • 第8章  お誕生日がくる
  • 第9章  古い友だち
  • 第10章 忘れられないパーティ
  • 第11章 サイアク
  • 第12章 あたたかいお迎え
  • 第13章 クッキーの朝食
  • 第14章 理科の授業
  • 第15章 アダム
  • 第16章 おどるクッキー
  • 第17章 反乱者!
  • 第18章 経済の授業
  • 第19章 デラックスな屋根裏
  • 第20章 眠れない夜
  • 第21章 バイキング戦争
  • 第22章 新しい色
  • 第23章 詩の授業
  • 第24章 そしてスミース夫妻は?
  • 第25章 もうひとりの男
  • 第26章 ならず者は子猫だった
  • 第27章 巨大な目
  • 第28章 イギリスでもっとも美しい女性
  • 第29章 復讐!
  • 第30章 マックペアー校長先生、おかえりなさい!
  • 第31章 もうがまんできない
  • 第32章 すばらしい夢
  • 第33章 待っていた手紙
  • 第34章 ひどい復讐!
  • 第35章 家族会議
  • 第36章 バン!
  • 第37章 ロイヤル・フィナーレ
  • 第38章 忘れられない一日
  • エピローグ

製品情報

製品名 よくばり学園
著者名 著:ファブリツィオ・シレイ 訳:佐藤 まどか
発売日 2018年06月27日
価格 定価 : 本体1,450円(税別)
ISBN 978-4-06-283251-9
判型 四六
ページ数 210ページ
シリーズ 文学の扉

著者紹介

著:ファブリツィオ・シレイ(ファブリツィオ・シレイ)

イタリア在住の児童文学作家・造形作家。『Il bambino di vetro』 (ガラスの少年)で2012年9-12歳カテゴリーでイタリアアンデルセン賞を受賞。2014年に同賞のベスト作家賞を受賞。著書多数。『よくばり学園』は2018年にイタリアの児童文学賞、ストレーガ賞児童書部門、イギリスのIn Other Wordsにノミネートされた。

訳:佐藤 まどか(サトウ マドカ)

イタリア在住の児童文学作家。ニッサン童話と絵本のグランプリで大賞を受賞した『水色の足ひれ』(BL出版)でデビュー。
作品に『リジェクション』『ぼくのネコがロボットになった』(ともに講談社)、『コケシちゃん』(フレーベル館)、『一〇五度』(あすなろ書房、2018年青少年読書感想文全国コンクール課題図書)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス