ニコラといたずら天使

ニコラトイタズラテンシ
ニコラといたずら天使
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 ニコラが飼っている子犬・ジュンバグは、かわいいけれど悪さばかりする。地獄行きを止めるために、必死に良きおこないを画策するニコラだが……!?

 ジュンバグのかわいいいたずらに、思わず笑ってしまう楽しい物語。だが、ただ面白おかしいだけではない。
 ニコラとジュンバグは、規則だらけで、世の中から見放された老人ホームでも、自分の頭で考え、動くことの大切さを教えてくれる。 
 ちょっと変わった転校生・リンジーとの付き合いの中で、天使からのメッセージを解読していくさまは、胸をときめかせる要素がちりばめられており、人間が善悪、生死、愛と憎しみといった正反対の二つのものの狭間に在ること、大切なのはそのバランスであることを自ら認識していく、哲学的要素も光る。
 等身大の少女と子犬が活躍し、小さな思いやりと勇気を100倍にしてくれるやさしいファンタジー。
 カナダ子どもの本センターの2015年度ベストブックスに選ばれました!

製品情報

製品名 ニコラといたずら天使
著者名 著:キャロライン・アダーソン 訳:田中 奈津子
発売日 2015年10月16日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-283237-3
判型 四六
ページ数 240ページ
シリーズ 文学の扉

著者紹介

著:キャロライン・アダーソン(キャロライン・アダーソン)

カナダの小説家。ブリティッシュコロンビア大学で教育学を修める。処女作がカナダの総督文学賞にノミネートされ、Ethel Wilson Fiction賞を受賞。CBC文学賞を3回受賞。2006年に創作活動全体に対してMarian Engel賞を受賞。児童書には、『I, Bruno』『Very Serious Children』などがあり、2013年には「Jasper John Dooley」シリーズの『Left Behind』がカーカスレビューのベストチルドレンズブックに選ばれた。邦訳書に、シーラ・A・エゴフ児童文学賞を獲得した、『母さんが消えた夏』がある。

訳:田中 奈津子(タナカ ナツコ)

東京都生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。主な作品に『合言葉はフリンドル!』『こちら「ランドリー新聞」編集部』『フリーダム・ライターズ』(以上、講談社)など。『はるかなるアフガニスタン』が2013年青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選ばれ、『アラスカの小さな家族 バラードクリークのボー』(以上、講談社)が全国学校図書館協議会選定図書、厚生労働省児童福祉文化財、日本図書館協会選定図書に選ばれている。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス