たまごって ふしぎ

絵本
タマゴッテフシギ
たまごって ふしぎ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ここに ちいさな とりの す。とっても ちいさい たまごが ふたつ。なんの たまご?だれの たまご?はちどりの卵、がちょうの卵、かえるの卵、魚の卵……ミツバチも、アリも、ペンギンも、カンガルーも、カモノハシも……、みんなみんな卵を産むの。卵って不思議。たくさんの驚きがつまってる。美しい絵で自然を描く、プロベンセン夫妻による名作絵本!!


ここに ちいさな とりの す。
とっても ちいさい たまごが ふたつ。
なんの たまご?
だれの たまご?
はちどりの卵、がちょうの卵、かえるの卵、魚の卵……ミツバチも、アリも、ペンギンも、カンガルーも、カモノハシも……、みんなみんな卵を産むの。
卵って不思議。たくさんの驚きがつまってる。
美しい絵で自然を描く、プロベンセン夫妻による名作絵本!!

製品情報

製品名 たまごって ふしぎ
著者名 作:アリス・プロベンセン 作:マーティン・プロベンセン 訳:こみや ゆう
発売日 2012年01月21日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-283059-1
判型 A4
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の翻訳絵本

著者紹介

作:アリス・プロベンセン(アリス・プロベンセン)

Alice and Maartin Provensen(アリス&マーティン・プロベンセン)
妻のアリスは、1918年、夫のマーティンは、1916年、アメリカシカゴ生まれ。2人とも、アート・インスティチュート、カリフォルニア大学を卒業。アリスは、カリフォルニアのウォルター・ライツ・スタジオでアニメーションの仕事、マーティンは、ウォルト・ディズニー・スタジオで仕事をした後、1944年に結婚。1940年代から子どもの本の挿画を始める。著作に「栄光への大飛行」(BL出版 コルデコット賞受賞)、「いろいろこねこ」(講談社)「かえでがおか農場のいちねん」(ほるぷ出版)など。

訳:こみや ゆう(コミヤ ユウ)

小宮 由(こみや ゆう)
1974年東京都生まれ。大学卒業後、児童図書出版社勤務。その後、留学を経て、子どもの本の編集・翻訳に携わる。著書に「あいちゃんのワンピース」(宮野聡子/絵 講談社)訳書に「せかいいちおいしいスープ」「おかのうえのギリス」(ともに岩波書店)などがある。

おすすめの本