四谷怪談

ヨツヤカイダンニジュウイッセイキバンショウネンショウジョコテンブンガクカン
  • 電子あり
四谷怪談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幽霊話で江戸庶民をふるえあがらせ、同時に熱狂的にむかえられたのが、四世鶴屋南北の『東海道四谷怪談』であった。悪のヒーロー民谷伊右衛門、お岩の顔の変貌、意表をつくさまざまな趣向など、『四谷怪談』は興味のつきない作品である。まさに怪談話の最高傑作とよぶにふさわしい。

日本の幻想文学の最高傑作
わたしの顔、どうなった? もう成仏してくれ~。
辞書なしで、古典の名作がラクラク読める!

いつの世でも幽霊はこわい。その幽霊話で江戸庶民をふるえあがらせ、同時に熱狂的にむかえられたのが、四世鶴屋南北の『東海道四谷怪談』であった。南北は、するどい時代感覚で世間のうわさ話や事件をたくみにとり入れながら、当時の人間心理を生々しく描きだしてみせた。悪のヒーロー民谷伊右衛門、お岩の顔の変貌、亡霊となっての復讐、意表をつくさまざまな趣向など、『四谷怪談』は興味のつきない作品である。それは、まさに、日本の怪談話の最高傑作とよぶにふさわしい。

名作古典文学を21世紀の少年少女たちに!読みやすいふりがな、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、日本の古典文学にはじめて出会う少年少女の理解を助ける古典文学全集の決定版です。

<目次より>
闇夜の殺人
お岩の胸騒ぎ
苦悶の日々
伊右衛門の迷い
わたしの顔をかえして
死霊のたたり
お岩のみちびき
伊右衛門の悪夢
ふたりの涙

監修
司馬遼太郎/田辺聖子/井上ひさし
編集委員
興津要/小林保治/津本信博

製品情報

製品名 四谷怪談
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2010年03月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-282772-0
判型 四六
ページ数 338ページ
シリーズ 21世紀版・少年少女古典文学館
初出 少年少女古典文学館 第23巻 「四谷怪談」(1995年刊)をもとに、再編集した。底本は、新潮社版・新潮日本古典集成「東海道四谷怪談」を基本とし、適宜諸本を参照した。

オンライン書店で見る