徒然草・方丈記

ツレヅレグサホウジョウキニジュウイッセイキバンショウネンショウジョコテンブンガクカン
  • 電子あり
徒然草・方丈記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『徒然草』は乱世の鎌倉時代に生きた吉田兼好が残した”言葉”。宝島の地図のように魅力的で、誰もが一度は目を通したくなる。『方丈記』は、鴨長明が人の世の無常を語りながらも、生きることの素晴らしさも教えてくれる。この2冊は枕草子に並び「日本三大随筆」と称される。

名作古典文学を24世紀の子ども達へ!
読みやすい総ルビ、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、日本の古典文学にはじめて出会う子供の理解を助ける、児童むけ古典文学全集の決定版。

製品情報

製品名 徒然草・方丈記
著者名 著:嵐山 光三郎 著:三木 卓
発売日 2009年12月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-282760-7
判型 四六
ページ数 290ページ
シリーズ 21世紀版・少年少女古典文学館
初出 少年少女古典文学館 第10巻「徒然草・方丈記」(1992年刊)をもとに、再編集した。底本は、講談社学術文庫「徒然草」、新潮社版・新潮日本古典集成「方丈記 発心集」を基本とし、適宜諸本を参照した。

オンライン書店で見る