ジョブズはなぜ天才集団を作れたか

ジョブズハナゼテンサイシュウダンヲツクレタカ
ジョブズはなぜ天才集団を作れたか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「スティーヴ・ジョブズの下で働くことは麻薬的な経験だった…」
非エリートで二流エンジニア、最悪の上司と呼ばれた経営者と、彼が率いる「戦略なきカウボーイ的組織」が世界を制した秘密とは?
iPodとiPhoneをはじめとする爆発的な成功は、なぜ生まれたのか?

・未来を見つけ、それを現代に届けろ
・どこまでも自分のテイストに従うべし
・デザインが機能を決定する
・ライバルからの提案には耳を傾けよ
・アイディア+人材+戦略+資金=未来の大成功
・技術オタクには親切に(ただしマーケティングはさせるな)
・完全な敵対関係は避けよ
・土地勘のない分野に手を出すな(ただし天才経営者は除く)
・意味のない完全主義に気をつけよ

……などなど、21世紀の覇者となった企業アップルと天才ジョブズに学ぶ、最もクールで最もイノベイティブ(革新的)なビジネスの教訓!

目次

  • 日本語版への序文 ――「iポッド」を生んだ戦略は、実は日本流
  • 序章 二つのデビュー
  • 第1章 驚異と利益率
  • 第2章 未来を見つけろ!
  • 第3章 誰もが息を呑むような製品を作れ!
  • 第4章 家宝は守りぬけ!
  • 第5章 友人とは仲良くするべし。ただし、時には冷たくせよ
  • 第6章 約束を破ってはならない
  • 第7章 信者を育てろ!
  • 第8章 商品は、きちんと店に並べろ
  • 第9章 クール・イメージを、どう守るか?
  • 第10章 悪役(ヒール)どもをやっつけろ!
  • 第11章 けっきょくはリーダーが会社を決める
  • 第12章 プランは、きちんと立てるべし

製品情報

製品名 ジョブズはなぜ天才集団を作れたか
著者名 著:ジェフリー・L・クルークシャンク 訳:徳川 家広
発売日 2008年08月29日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-282094-3
判型 四六
ページ数 352ページ

著者紹介

著:ジェフリー・L・クルークシャンク(ジェフリー・L・クルークシャンク)

(Jeffrey L. Cruikshank)
全米で多くの企業・非営利団体を顧客に持つ広報コンサルティング会社、クルークシャンク・カンパニーの創業経営者。
アマースト大学卒業。ハーバード・ビジネススクールの広報誌編集者として勤務した後、独立。以来、同ビジネススクールと密接な関係を築きつつ、実業界・教育界にネットワークを広げ、さまざまな企業や団体の広報戦略立案に携わってきた。
著述家としてもビジネス分野を中心に活躍しており、起業家精神をテーマにした“Low
Risk, High Reward”や不動産問題を扱った“The Real Estate Game”、組織の意思決定と効率的運営のノウハウを説いた“Breaking Robert's Rules”などの著書がある。

訳:徳川 家広(トクガワ イエヒロ)

(とくがわ・いえひろ)
1965年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、米ミシガン大学で経済学修士号を取得。国連食糧農業機関(FAO)のローマ本部、ベトナム支部に勤務した後、コロンビア大学大学院政治学研究科を修了し、政治学修士号を取得。
『中国 危うい超大国』(日本放送出版協会)、『ヒトラー・マネー』(講談社)、『「豊かさ」の誕生 成長と発展の文明史』(日本経済新聞社)、『マネー中毒』(光文社ペーパーバックス)など訳書多数。