美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史

ビガクバーサスジツリチームクタラギタイニンテンドウノソウリョクセンジュウゴネンシ
美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「世界最高の技術を結集し、常識を塗り替えるコンピュータをつくる!」久夛良木健が豪語したプレステ3は、DS、Wiiに本当に敗れたのか?
久夛良木の肉声に最も接してきたジャーナリストが活写する、熾烈なゲーム戦争の「迫真の舞台裏」。

「ゲームビジネスは簡単なものではない。ソニーさんが手がけるなら、別のジャンルにすべきではないか」――山内溥が冷たく言い放つ。
「絶対に引くな!撤退しないぞ!」――大賀典雄が怒声を挙げる。

幻に終わった任天堂×ソニーによる「プレイステーション」共同開発計画。約束を反故にした任天堂に対し、後にプレステで「100兆円を稼ぐ男」、久夛良木健は静かに闘志を燃やしていた――。「ソニーは任天堂の逆をやって、まったく新しいゲーム機をつくればいい」

製品情報

製品名 美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史
著者名 著:西田 宗千佳
発売日 2008年02月23日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-282078-3
判型 四六
ページ数 334ページ

関連シリーズ