人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点

講談社+α文庫
ジンセイカクサハコレデキマルハタラキカタノソンエキブンキテン
  • 電子あり
人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ、日本人はしんどい働き方から抜け出せないのか!? 働き方改革で時短になってもノルマがきつくなるだけ。解決には程遠い。「40年間ラットレース」の人生パターンを終わらせよう。
ビジネス書作家として累計167万部の発行部数を誇る著者が、経済学の原理と自身の体験をもとに解決策を提案。
『資本論』のマルクスや「金持ち父さん」は、実は同じ警鐘を鳴らしていた。それは、資本主義経済の本質的なルールの中で「労働者は搾取の対象でしかない」ということ。
本書の前半では、ショッキングかもしれないが、わたしたちが生きる社会のルールがはっきりわかる。なぜ、わたしたちは限界まで働かされるのか? なぜ、給料はこれだけなのか? それはわたしたちこそ会社の利益の原資、搾取の対象だからだ。本書によって、この事実をはっきり知ることができる。この認識こそ、会社にお任せにせず悠々自適に人生を生きる入り口なのだ。
後半は、ルールの中で生きながら、具体的に何をすればいいのかを説明していく。実際、著者自身も学生時代に資本主義経済のルールを知り、3つの企業に身を置きながら自分の働き方を確立していく。本書はまさに著者の実体験が下地になっている。
自己内利益を増やすにはどうするか? 意外にも「精神的苦痛」が大きな目安になる。自分の価値を高める働き方は何か? それは常にジャンプし続けることではなかった。
働き方に必要なのは「編集力」であり「投資」の発想。日々の労働で稼ぐというのはNG。収入を呼び込む「積み上げ」しやすい仕事を選び、頑張らないでも稼げる資産が見える化できる「BS思考」を持つこと。
このほか、本書には、幸せな働き方に変えるチャンスが詰まっています。

*本書は『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』(星海社新書)の文庫化にあたり改題しています。

目次

  • はじめに しんどい働き方は根本から変えていこう
  • 第1章 あなたの「給料」は、なぜその金額なのか?
  • 第2章 あなたは、「利益」のために限界まで働かされる
  • 第3章 どうすれば「高い給料」をもらえるようになるか?
  • 第4章 年収1000万円になったあなたには、「激務」だけが残る
  • 第5章 何をすれば「自己内利益」は増やせるのか?
  • 第6章 経験を生かすには、どういう「働き方」を選択すべきか
  • おわりに 働き方を変えて、生き方を変えよう!

製品情報

製品名 人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点
著者名 著:木暮 太一
発売日 2018年04月20日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-281740-0
判型 A6
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は2012年4月、星海社新書として刊行された『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』を改題し文庫化したものです。文庫化にあたり、文庫版まえがきの他、第5章・第6章に加筆いたしました。

著者紹介

著:木暮 太一(コグレ タイチ)

こぐれ・たいち――作家。一般社団法人 教育コミュニケーション協会代表理事。1977年千葉県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。ビジネス書作家として著した書籍の発行部数は累計167万部に上る。大学の経済学部在学中に『資本論』をわかりやすく解説した本を執筆しロングセラーに。約9年間の会社員生活を経て、現代日本人の「幸せな働き方」を目指し、リアルな現場と経済学の両面から分析・提言する。フジテレビ「とくダネ!」、チバテレビ「りえ&たいちのカイシャを伝えるテレビ」、NHK「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。著書には、『今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]』(ダイヤモンド社)、『カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話』(サンマーク文庫) 、『超入門 資本論 』(日経ビジネス人文庫)など多数。

オンライン書店で見る