あなたの人生が変わる対話術

講談社+α文庫
アナタノジンセイガカワルタイワジュツ
  • 電子あり
あなたの人生が変わる対話術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

コミュニケーションの神髄「対話」を知り、学ぶための30のヒント。

昔ながらの「話せばわかる」が成立しない時代。
職場でも、地域でも、いま大きな問題になっているのは、
背景、考え方、立場が違う「他者」と、どうやってコミュニケーションをとるかいうこと。

そこで必要となるのが本書で紹介する「対話」の技術。
対話とは、ひと言でいえば、「他者とコミュニケーションを取ること」に他ならない。

本書では30のヒントを通じて、対話を学ぶ。

目次

  • はじめに
  • 第1章 対話とは何か
  • 第1講 話し合うだけでは「対話」にはならない
  • 第2講 「うち」同士の会話は「同じ」探し
  • 第3講 変わりたくない人に「対話」はできない
  • 第4講 「対話」は、「討論」や井戸端会議とは違う
  • 第5講 上下意識があっては「対話」はできない
  • 第2章 対話の技法
  • 第6講 「聞く」と「聴く」の違い
  • 第7講 「分身の術」を使って聴く
  • 第8講 「聴く」を遮断してしまう発言
  • 第9講 たかをくくらない
  • 第10講 「同意」できなくても「対話」はできる
  • 第11講 「流れ」を壊さずに聴く
  • 第12講 話の次元を上げる「対話」
  • 第13講 内容がさまざまでも、語られるテーマは一つ
  • 第14講 「頭」由来の言葉、「心」由来の言葉
  • 第15講 言葉に込めているものは、人それぞれ
  • 第16講 能のワキのように「聴く」
  • 第17講 北風方式よりも太陽方式
  • 第18講 相手の「経験」を先取りしない
  • 第3章 思考法としての対話
  • 第19講 自分自身との対話
  • 第20講 「借り物の考え」と「自分の考え」
  • 第21講 「対話」とは共同思考である
  • 第22講 思考停止をうち破る「対話」
  • 第4章 「ムラ的」コミュニケーションから「対話」へ
  • 第23講 「空気」と「言葉」
  • 第24講 主語のない日本語
  • 第25講 あとで不満を言う人々
  • 第26講 孤独を見ない関係
  • 第27講 物事の受けとめ方
  • 第28講 重みのない言葉
  • 第29講 ハラスメントということ
  • 第5章 対話するという生き方
  • 第30講 「他者」と生きる
  • おわりに
  • 参考文献
  • 文庫版 あとがき

製品情報

製品名 あなたの人生が変わる対話術
著者名 著:泉谷 閑示
発売日 2017年02月21日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-281713-4
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は『こころをひらく対話術 精神療法のプロが明かした気持ちを通わせる30の秘訣』(ソフトバンク クリエイティブ、2010年)を改題、修正を加えたものです。

著者紹介

著:泉谷 閑示(イズミヤ カンジ)

精神科医。東北大学医学部卒。東京医科歯科大学医学部附属病院、(財)神経研究所附属晴和病院、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、1999年に渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院に留学。パリ日本人学校教育相談員もつとめた。現在、精神療法を専門とする泉谷クリニック(東京・広尾)院長。大学や短大、専門学校等での講義も行ってきたほか、現在は一般向けの啓蒙活動として、さまざまなセミナーや講座を開催している。また、作曲家や演出家としての活動も行っている。著書に『「普通がいい」という病』『反教育論』(ともに講談社現代新書)、『「私」を生きるための言葉』(研究社)など。最新刊に『仕事なんか生きがいにするな』(幻冬舎新書)。

オンライン書店で見る